【上達事例】(医学部学生)将来に備えた英会話力をつける

英会話ビギンの加藤です。
今日は、ビギン生徒様の上達事例をご紹介いたします。

今回ご紹介するのは20代女性、現在医学部の学生であるNさん

医学部でいらっしゃるので英語の基礎力はもともと高い方ですが、
英文法、単語力などを含め総合的に英語を学びたいとのことで
ビギンでのレッスンをスタートされました。
将来的にはお仕事などでも英語が必要になってくると予想されます。

スタート時のレベルとして、
ゆっくりですが自分の身の回りことなどは話せます。
ただ、とてもお忙しい生活をされているので、
レッスンを含め、英語学習をどのように生活に取り入れるか
ということが一番の課題になっています。

Nさんの生活スタイルをかんがみて、
担当のケイ先生から、以下のレッスンプランが提案されました。

====================================
自宅学習は主にリスニングをしていただき、次のレッスンに備えていただきます。
もう一つ、週刊の英字新聞を読んでみたいみたいとのことでしたので、
Asahi Weeklyの購読をお勧めしました。
この新聞は記事もバイリンガルですし、
中級から上級の英語学習者のためになる内容がたくさんあり、
量的にも多すぎず気楽に読めるのでとても良いと思います。
私も購読することにし、新聞を教材にし、記事を読んで長文読解の練習をしたり、
ボキャブラリーの強化を図ったりしていくことにしました。
====================================

Nさんはすでに基本的な文法力をお持ちなので、
その力を活かして、リスニングや新聞記事のリーディング、ディスカッションを通し
幅広い分野で英語を「使う」スキルを身に付けるための
レッスンを行う
ことになりました。

レッスン開始からしばらくして、Oさんからこのようなメールをいただきました。

====================================
最初は恥ずかしいと思うところがあったのですが、
先生にお会いするのが楽しく、
最近はなんとか英語で言ってみようと思えるようになりました。
まだまだはスムーズに出てこないですが、頑張っていきたいです。

時間が全然定まらない中、毎回フレキシブルにレッスンを設定してくださり、
本当に感謝しています。先生との会話は楽しくていつも楽しみにしています。
これからも宜しくお願い致します。
====================================

レッスンを開始して1年、スピーキングとリーディングの2点において
目覚しい上達をあげられています。

上達ポイント(1)英語を話すことにだんだん慣れてきました。
日本語を直訳するのではなく、どのようにしたら英語の文章になるかを考えて
話そうとしています。

上達ポイント(2)読み方もかなりスムーズになってきました。
たくさんの文章を読むことで自然と、どこを強調するべきかなど分かってきます。

これからの活躍が期待される20代の生徒様、
英語力を武器に、さらなるステップアップを目指していただきたいと思います。

英会話ビギン 加藤いづみ

担当の先生は・・・荻窪~中野坂上、吉祥寺~中野エリア ケイ先生

ケイ先生
20年以上に及ぶ海外生活経験をもとに、異文化コミュニケーションについて考えながら、実際に役立つ英会話を楽しく真剣に学ぶお手伝いをいたします。
レッスンは毎回、目標を明確にし、基礎の定着から応用練習へと丁寧に積み重ねていきます。
講師経験は、学生・社会人・主婦の方々と豊富で、プライベートレッスンから企業研修など数多くのレッスンを手がけております。
指導エリア 地下鉄丸の内線 荻窪~中野坂上、JR中央線 吉祥寺~中野
講師経験 プライベート講師:10年 企業研修講師・英会話スクール:8年
指導可能クラス 日常英会話、ビジネス英会話、TOEIC、旅行英会話 等
資格 等 TOEIC 965点
インタービューを見る

初心者からでもご安心ください。まずはでご確認を。