2005年夏、フィジーツアー♪

毎回メンバー専用メルマガでもおなじみのHIKこと、佐藤先生。
佐藤先生のレッスンの様子はこちら。)
HIK先生が、この夏第2回フィジーツアーを実施します。

第1回目は2004年年末に開催をし、6名と小さなツアーで行ったのですが、
なんとそのうち4名が夏のツアーにも参加するとのこと! 
生徒さんの満足度が伺えますね~・・・・

生徒さんからいただいた「感動の声」の一部をご紹介しましょう。

■フィジーの自然の美しさ、現地でのアクティビティーについては・・・・■

・空、海、星の輝きに感激した。(氏家夫妻)
・ダイビングのライセンスが取れて良かった。(細谷さん)
・第二回目のツアーではダイビングのライセンスを取得して魚と泳ぎたい。(氏家夫妻)
・身近に海で遊べる事も含め、日本では到底味わえない体験が出来た。(氏家夫妻)
・フィジーの人達は大変気さくでよく英語で話しかけてきてくれた。(氏家夫妻)
・陽気なフィジーの人達に元気を貰った。(氏家夫妻)
・フィジーの人達がフレンドリーだった。(細谷さん)

 


        陽気なフィジアン(ビーチコマー島)       ダイビングもできます

■旅行後、生徒さんへの「英語」へのモチベーションは・・・■

・英語を話したいという気持ちが大きくなった。(斉藤さん)
・片言の英語でも通じた時は凄い嬉しかった。(斉藤さん)

そして、こんなコメントもいただきました。

■フィジーを知り尽くした講師二人による
「気さくで」「楽しい」ツアー■

・先生達のガイド付であった為、安心してツアーに参加出来た。(氏家夫妻)
・通常のツアーでは味わえないセフォ(Mrs. Sato)の家に行けた事が良かった。
 (家庭料理も味わえたし現地の人とも触れ合えた。)(斉藤さん)


              佐藤夫妻(英語教師・ツアーガイド)のツアー制服姿

いかがでしたでしょうか????

そう、そうなんです。このツアーは「パッケージ旅行」と「自由旅行」のちょうど真ん中ぐらいのツアーです。パッケージツアーの時間・場所の制限に縛られず、また自由旅行のように「どこに行ったらいいかわからない、英語も通じるかな・・・(>_<)」という不安を感じないツアーなんです。

なんてったって、HIK先生と奥さんのSefo先生(これまた英語の先生です)が知り尽くしたフィジーをガイドしてくれるのですから。そして旅行中英会話のレッスン受け放題、英会話しゃべり放題です。


ツアーの特徴                            

このツアーは

 英会話しゃべり放題!
  ~添乗されるHIK先生とSefo先生は英会話のプロ講師。
   ご希望であれば旅行中すべて英語の会話でもOKとのことです。
   こんなツアー、他にはないと思います(*^_^*)

 旅行会社がツアーを組みにくいフィジー旅行が市場価格より低い料金で!
  ~HIK先生はフィジーにて添乗員をされていた3年間の滞在経験から
   多くの知り合いがいらっしゃいます。今回のツアーはその『コネ』
   を最大限に活かして格安、安全なツアーを実現されたそうです。

さて、気になる時期とお値段は・・・・・

ツアー詳細                           

第二回南太平洋の楽園・フィジー英語研修&夏休み6&8日間の旅
期間 2005年8月13日(土)~2005年8月18日(木)・6日間
2005年8月13日(土)~2005年8月20日(土)・8日間
参加費用

(6日間)240,000円(ツイン・トリプル)・260,000円(シングル)
(8日間)250,000円(ツイン・トリプル)・270,000円(シングル)

※ビギンのメンバー様は表示価格より5000円割引となります。
 (サービスをご利用の方のみ、それ以外の方は通常料金)

目的 日頃のレッスン成果を旅行中様々な場面での実践の会話にて磨き、休暇を楽園フィジーにて満喫する。
日本では味わう事が出来ないのんびり感と人の優しさを学ぶ。
自然が醸し出す原色に心と体で触れ、改めて大自然の大切さを実感する。
参加資格者 生徒様並びに生徒様家族、親族、友人、知人
ツアーに含まれるもの ●東京発エアパシフィック航空往復航空券
●ホテル4又は6日間宿泊券(4星・フィジーモキャンボホテル)
●昼食(2日間)・夕食(3日間)・・・鉄板焼き、インド料理、郷土料理
●綺麗な日帰り離島(無人島)ツアー2日間
●ナンディの町めぐり(日帰りツアー)
●送迎バス(ナンディ空港⇔フィジーモキャンボホテル)
  (モキャンボホテル⇔夕食会場3日間)
  (モキャンボホテル⇔無人島ツアー2日間に必要とする港)
  (モキャンボホテル⇔ナンディーの町・ナンディーの町めぐり用)
●愉快でフィジー通・Mr. & Mrs. Satoの実践を基にした英会話レッスン
(しゃべり放題)
●旅行コーディネート(ほぼフルアテンドにてフィジーをガイド致します)

 

旅程: 6日間日程表
1日目 夜:成田発、空路ナンディヘ。          
機中泊
2日目

朝:ナンディ着。
着後、ナンディの町めぐり日帰りツアー後ホテルまでご案内致します。
(チェックインは午後になります)
ナンディ泊

3日~5日目 サウシーアイランド日帰りツアー
マラマラ島日帰りツアー
自由行動(その他オプショナルツアー参加可能)
ナンディ泊
6日目 午前:空路、帰国の途へ。
夕刻:成田空港着
お疲れ様でした。

 お申込み方法
    → お名前、参加希望人数をお書き添えの上、info@85begin.comまでメールをくださいませ。2005年6月までのキャンセルにつきましてはキャンセル料がかかりません。






 

 
こんにちは。HIKです。
前回年末のツアーですが、全体的には大成功に終わりました。
今回のツアーを通じて生徒さん1人1人の英語でのコミュニケーションにするイメージがかなり具体的になったという意見が多く寄せられました
実際に現地人と英語で触れ合う事によってこれからの目標(もっと上手く話せるようになって挨拶以上のコミュニケーションを世界中の人と図りたい。)が明確になったようです。

それから通じた時の喜びは人生の中で最も嬉しかった瞬間に匹敵するとも言ってました。

今回参加された6名の内、既に4名の方の次回ツアー参加が確定しております。こういう確かな動きの中でフィジーは絶対海が綺麗な海外旅行というだけの枠ではなく
想像を絶する何か素晴らしい物がそこにあるという事を皆さん一同に口にされています。

その素晴らしい物とは。。。

・人の優しさとの触れ合い(明るくフレンドリーな現地人との会話)
・原色がそこらじゅうにあるという事。(海、空、草木そして人のごく自然な生き様に学ぶ色)
・ゆったりと過ごす空間(何もしなくてもそこに居るだけで安らぎが得られる)

等など挙げればキリがありませんが、実際に参加された生徒さんの声を下記に纏めて見ました。

質問(1):ご宿泊のホテル(ドミニオンインターナショナル)は如何でしたでしょうか。
回答:満足。
    働く人が気さくで良かった。
    部屋に花が生けてあったので嬉しかったです。

質問(2):ご滞在中、ご参加されたオプショナルツアー(有人等と無人島の2回)
は如何でしたでしょうか。

回答:海がとても綺麗だった。
ビーチコンバー島(有人島)とティブア島(無人島)のシュノーケルはとても楽しかった。
特にティブアのシュノーケルは自分で泳いで戻るのには充実感を得られた。
質問(3):ツアーガイド(私と家内)と現地係員の対応は如何でしたでしょうか。
回答:とても安心出来ました。
ずっと一緒に居られたし。
お陰でとても良い体験が出来ました。

言葉では表し切れない素晴らしさが沢山あります。
参加して頂ければお分かりになれるでしょう。  

                      (HIKより)

 お申込み方法
    → お名前、参加希望人数をお書き添えの上、info@85begin.comまでメールをくださいませ。2005年6月までのキャンセルにつきましてはキャンセル料がかかりません。