(事例紹介)海外の友達と英語で交流!その2

畑様と田村先生

田村先生と畑様

こんにちは、英会話ビギンです。
メンバーの畑さんから、英語ライフの実践報告をいただきました!

畑さんは、マラソンが趣味で、
日本をはじめ各国で行われるマラソン大会に参加され、
そこで知り合った方とfacebookでつながり、
また次の大会で交流する・・・・
といった、まさに、「趣味と英語」をつなげて
世界をどんどん広げていっている生徒さんです。

前回は、タイにいったときの体験談を紹介してくださいました。
今回は、マレーシアにいったときの気づきを
シェアしてくださいましたのでご紹介します!

==========================================

先日マレーシアに行ってきました。
目的はマラソンとマレーシア人の友人に会うためです。
その友人は、以前ビギンのインタビューで話した、
東京マラソンで知り合ったAnnieです。
(僕はアニーと発音してましたが、向こうの人達はエイニーと発音してました。)

旅行前にAnnieにマレーシアに行く事をLINEで伝えたところ、
シューズを買ってきてほしいと頼まれました。
欲しいシューズがマレーシアでは売っていないとの事でした。

シューズ名、サイズ、色、値段、お金のやり取り方法などを英語でやり取りしましたが、

これはとても勉強になりました。
マレーシア人が使う英語に触れることができたこと、
こちらの言いたいことを英作文する機会を持てたこと、これは良い経験でした。

シューズを手に入れ、いざマレーシアに行きました。

経験上、日本人は入国審査であれこれ聞かれることはないと思いますが、
今回は色々聞かれました。
これは悪い意味ではなく、目的は?と聞かれ、
マラソンと答えたところから会話が続いた感じです。
審査官もずっとニコニコしていたので楽しく会話できました。

マレーシアには、僕のお気に入りのスポーツウェアブランドがあり、
現地で入手できるんですが、アクセスしにくい場所にあるため、
旅行前にメーカーに「他で売っていないか」とFacebookで問い合わせたところ、
「今は小売してない」とのことでした。

手に入れる方法を問い合わせたところ、
ホテルに持っていくからサイズとホテルを教えて欲しいと言われました。
マレーシア到着の翌日、半信半疑で連絡をしてみると、本当に届けてくれました。

実はこの日はマラソンの前日で、朝からゼッケン等を取りに行ったにもかかわらず、
この直前に中止が決定しました。
原因はインドネシアの山火事で空気が悪かったためです。
大会が中止になって残念なこと、マレーシアが好きなこと、
次のレースの予定などを話して別れました。

翌日、本来であればマラソンでしたが、中止になったため、ゆっくり起床し、
マラソン会場でAnnieとその友人に会いました。
無事シューズを渡し、食事をしながら近況を話し、
あっという間に楽しい時間が過ぎました。

まだまだ色んなことがありましたが、つくづく思うのは、
英語をやっておいて良かったなぁということです。
同時に、英会話を上達させるための自分にとってのヒントも見えてきました。

よく「自分で言える音は聞き取れる」と言いますが、僕はそれはわかりません。
そもそも、正しく発音できてるかも自分でわかりません。
ただ、「自分の知っているフレーズは、
どんな発音をされようが聞き取れる」と思います。

マレーシア人は語尾のtはおそらく発音せず、また、語頭のtはラ行で発音します。
例えば、 Nice to meet you. はナイスルミーユーと発音します。

この辺りは言葉では表現しにくいので詳しくは書きませんが、
フレーズを大量にインプットし、どんどんアウトプットすると同時に、
そのフレーズの色々な発音を聞いて、
自分の中の音とお手本の音とのズレを修正することで、
リスニング力、スピーキング力、発音が身につくのかなぁと思いました。

長々書きましたが、ビギンにお世話になった頃と比べて
間違いなく英語力は伸びています。
もちろんまだ目標には遠いですが、
少しずつ目標に近づけるよう頑張ります。
ビギン、田村先生にはいつも感謝しております。

==========================================

ふたたび、英会話ビギンです。

畑さんのタイの体験談、いかがでしたでしょうか?

畑さんは「趣味と英語」をつなげていて、
趣味を楽しむことを一番の目的とし、英語はそのツールなんですね。
それが、英語を続けていく大きなコツかもしれません!

畑さん、メールをいただきありがとうございました!

英会話ビギン

初心者からでもご安心ください。まずはでご確認を。