マンツーマン英会話 | 渋谷,明治神宮前,原宿 | 日本人講師 根本先生

根本先生
主として米欧の銀行で英語を通して長年にわたって仕事をしてきた講師です。発音・ビジネス英語・日常英会話の指導が得意です。原宿・渋谷からアクセス可能。
指導エリア
山手線 原宿/渋谷(徒歩8分) 千代田線 明治神宮前(徒歩4分)からアクセス可能な教室(部屋)でレッスンを行います。
講師経験 英会話スクール経営・講師
指導可能クラス ビジネス英語、発音、日常英会話 等

Q:講師をはじめたきっかけについてお聞かせ下さい。

中学1年生のときに初めて出会った英語。すぐに夢中になりました。世界に向けての新たな大きな夢がひらけるのではと、その感動、感激がいまだに忘れません。
以来、積極的に“生きた英語”に接し、主として米欧の銀行で英語を通して長年にわたって活躍する場に恵まれ、これまでとても楽しい充実した日々を送ってくることが出来ました。
そこで、必死に英語に挑戦している方、これから英語を始めようと考えている方にそんな夢や新たな希望を持っていただけるよう“生きた英会話”の指導を通して、是非とも一人でも多くの方々に新たな感動、感激を味わっていただこうと、以前から英会話講師に強い生き甲斐を感じておりました。

Q:どんなレッスンをされていますか?

*発音・発声法、Speaking+Hearingに特化したレッスン。(上位のTOEIC,英検など目指す方向け。)
*Communication のSkill Upレッスン。(外資系社員など / 何故か外人と巧くやっていけない方向け。英会話力を最大化するにはこのスキルを併せ持つことが必須・カウンセリングを併用する手法。)

(テーマ毎には)
*日常英会話(道案内、買い物、食事、海外旅行など、生活をよりEnjoyしようとされる方向け。)
*日常英会話(留学、海外出張などの準備をされている方向け。)
*日常英会話(中高大生向け。Nativeからの授業だけでは全然解らない真の発音、発声法の習得とFollow up。)
*ビジネス英会話(外資系勤務、外資系への転職志望者:米欧人のMentalityと対等のCommunication Skill)
*ビジネス英会話 米欧人とのCommunication Skill(銀行、証券会社、メーカー、商社など。)
*ビジネス英会話 外人接客、電話応対など(小規模企業:広告、デザイン、美容室など。)

(得意なレッスン手法)
大抵の生徒さん(特に具体的なテーマのない方)は喋るのがダメなんですと言います。
取っ掛かりとして、先ず解りやすい発音・発声の仕方より始め、Nativeの話す言葉の強弱やイントネーション(特に子音、無声音など会話では殆ど聞き取れない部分)などを明快に解析、解りやすく解説することにより、“あぁそうなんだ!”という認識、喜びを実感していただきます。
併せて、外人(米欧人)のMentality(民族性、歴史、文化、価値観など)を理解させ、外人コンプレックスみたいな苦手意識を排除して積極的に米欧人と関わっていくための自信を付けいただくように指導しております。 (苦手意識を克服して、新たな喜びにいざなうような話術)

Q:これまで教えた経験の中で一番印象に残った出来事は?

速い(実は普通ですが)Native講師の話し方(Hearing)はなんとか解ったものの、自分には同じ速さで発音をすることが出来ないと飛び込んできた生徒さんがいらっしゃいました。
明快な解説、指導の結果、正確にそのNativeどおりの速さで発音・Speakingが出来たときに見せてくれた顔まんべんの笑顔。本気でやる気が出てきたみたいでした。今後のレッスンが楽しみです。

また、以前職場の後輩に英語の必要性を解き、英語を指導していましたが、そのとき生徒だった彼いわく、“あの時の根本先輩の英語に魅せられました。先輩のひとことで今の人生(NewYork勤務を経て有名企業の役員に)があります。有難うございました。”とおっしゃってくださったのがうれしかったです。

Q:レッスンで心がけていることはありますか?

すでに英語に興味、関心を示しつつある方、一方では英語に自信の無い方、やむなく必要に迫られて挑戦する方などいろんな方がおられます。
しかし、グローバル時代にあって“英会話力”は勿論のこと、折に触れて米欧人の特性や価値観の違いなども明確にし、生徒さん一人ひとりが英会話を通して新たな生き甲斐や夢を見出せるよう、またグローバル時代に自信を持って生きていけるようにとアットホームで楽しいレッスンを通して“真の生きたコミュニケーション・スキル”を身につけていただけるよう常に心がけております。

Q:講師をしていてよかったなと思うことはなんですか?

最初不安げな生徒さんの眼が次第に輝きを増してきて、更に生き生きとしてくる様子を目の当たりにし、感動、感激を共有できることです。

Q:ご自身はどうやって英語を身につけたのですか?

もっぱら”on The Job Training basis”で身につけました。
高校生時代:難解なラジオ(”Far East Net Work” 英語番組)に挑戦。
大学時代→社会人:Protestant教会(英語礼拝)の聖歌隊(テナーVocal)に約10年間在籍。
社会人:長年にわたり、主として米欧の銀行のDealerのPositionで昼夜英語によるGlobalな業務遂行。

Q:これから英会話をはじめようと思っている生徒さんへ一言!

Native英語を何度も何度も聞いては繰り返し、真似ては繰り返し、ただただ何回でも何回でも忠実に再現(speaking)するのみです。いつの間にかきっとその要領(真似ること・再現すること)が身につきます。それをいかに早くつかみ、それをいかにモノにするかがポイントだと思います。そのような先生や講師に出会えれば、その後の生徒さんの上達はお約束出来ると思います。