マンツーマン英会話 | 東久留米,花小金井 | 日本人講師 菅尾先生

菅尾先生
オーストラリア・アメリカ・オランダ・ドイツに計10年間滞在し、英会話講師歴は20年以上あるベテラン講師です。
指導エリア 花小金井(西武新宿線)、東久留米(西武池袋線)
講師経験 予備校講師2年、プライベート英会話講師20年以上、キッズ英会話 4年
指導可能クラス 日常英会話、旅行英会話、子供英会話 など
資格 等 英検1級

Q:講師をはじめたきっかけについてお聞かせ下さい。

約10年の海外駐在(豪,米、オランダ、ドイツ)から帰国し、近所の方に英会話+異文化のレッスンを大人に、学校英語を子供にと頼まれたことではじめました。

Q:どんなレッスンをされていますか?

Ice-breaking+主レッスン+まとめで1時間になります。生徒のニーズ、興味に合わせた内容でレッスンしますが、ごく初級クラスではまず状況にあったとっさの一言英語からはじめ、徐々に文を増やしていくようにします。初級クラスではまず自分の事についていえるようになることからはじめ、住む地域、日本、世界へと話題をひろげていきます。文法的にも正しい会話ができるようにしていきます。教養ある会話にはやはり文法学習の並行が必要とおもいます。中級クラスには、雑誌、音楽、映画などの内容も入れていきます。毎回復習に取り組みやすいように宿題をだします。実はレッスン以外の練習が上達の秘訣なのです。

Q:これまで教えた経験の中で一番印象に残った出来事は?

はじめは英語に対し苦手意識が強かった生徒が段々英語に興味を持ちついに学生英語劇で役者になったことです。

Q:レッスンで心がけていることはありますか?

生徒が興味を持てる内容で、毎回達成感の持てるようなレッスンを心がけています。ロールプレイ、成り切りインタビューや、カードを使うなどして、楽しい発話しやすいレッスンで進めて行くようにしています。

Q:講師をしていてよかったなと思うことはなんですか?

生徒が目標を達成したのをみるときです。自分も役に立ったと感じられるので。

Q:ご自身はどうやって英語を身につけたのですか?

学生時代には、とにかくテープの聞き取り、書き取りをしたあとで、テープを参考に音読を繰り返しました。使えると思う表現を書き留めるノートをいつももちあるきました。通訳、ガイドの時は様々な話題を英語で話せるように、とくにニュースにアンテナをはっていました。

Q:英会話上達のコツがあれば教えてください。

地道な毎日の努力が大切。集中的に英語にひたる。とにかくまずは一言でもいってみるという習慣をつけることで英語に慣れる事だとおもいます。

Q:これから英会話をはじめようと思っている生徒さんへ一言!

学習目的、目標をはっきり、具体的にもつと努力しやすいですよ。これからは好むと好まざるとにかかわらず、世界共通語としての英語を話せることを要求される状況が多くなります。
英語はコミュニケーションの手段です。自分が発信したい事をもつことが、言えるようになるように努力することにつながります。英語を話せると楽しいですよ。