とおる先生

とおる先生
講師経験 英会話スクール講師、プライベート講師
指導可能クラス 日常英会話、旅行英会話、ビジネス英会話 など
資格 等 TOEIC970 CBEST

Q:どんなレッスンをされていますか?

▲最低限会話に必要である基礎文法、基礎単語をしっかり学習し、「使える生きた英語」に焦点を当てたレッスンが得意です。

<基本的なレッスンの流れ>

Warm Up(ウォームアップ)[10分]
 -あいさつから始まり、最近起こった出来事、したこと、新しく始めたこと、旅行などなど、何でも構わないので英語で話してみたいことを話していただきます。この時に間違い(単語・文法・発音・言い回しなど)を気になさる必要はありません。
すべて訂正し、必要ならば日本語で、または目に見える形で説明させていただきます。
とにかく、ひとつのまとまった考えを英語で伝えようとしてください。
 
Introduction(導入)[8分]
 -今日のKey Sentenceを紹介します。カードやプリントなどを使って、紹介した後にKey Sentenceの定着を図ります。
ここでは繰り返しがカギです。何度も、何度も、リピートしていただきます。

Dialogue(対話)[7分]
 -AとBの二者間(まれに三者)の会話です。私自身が考えた、もっともKey Sentenceが使われるであろう状況の会話を一緒に練習します。ここでも、声に出して何度も練習していきます。発音・イントネーション・音法を厳しくチェックします。

Freetalk(フリートーク)[25分]
 -生徒さんの実際の生活・仕事に絡めた題材と状況設定で、今日学んだKey Sentanceを使った会話を一緒に作成します。作った会話文を少しずつアレンジしながら、会話を練習していきます。ここでは、自分の身の回りのことを今日のKey
Sentenceを使って言えるようになるのが目的です。(初心者向け)
 -まったくの自由なテーマと状況設定で会話をしていただきます。条件は、Key Sentenceを使うことのみです。(中~上級者向き)

Closing(まとめ)[10分]
 -こちらからのアドバイスをさしあげます。また、どんな質問にもお答えします。

▲ビジネス英語は、上記の基本的な流れは変わりませんが、学習する単語や表現がよりフォーマルでビジネスライクなものになります。

▲英検・TOEFL・TOEICなどの資格対策には、一冊の参考書をみっちりとやり遂げます。実戦形式で問題を制限時間内にどんどんと解いていただきます。特に弱点のエリアを重点的に取り組みます。

Q:これまで教えた経験の中で一番印象に残った出来事は?

▲3ヶ月でTOEICを200点以上上げたいという生徒さんがいらっしゃいました。もちろん、彼の努力が一番でしたが、集中的な基礎的な文法の見直しの上、実践練習の繰り返しにより、3ヶ月後に見事に目標スコアを突破しました。そして念願の転職を果たしました。

▲留学前に教えた生徒さんが、一時帰国したときに、「先生に教えてもらった英会話が、留学当初非常に役に立ちました!」と言ってもらえた。今では、大学にまで進み、大学院進学まで考えていると聞いた時、感極まりました。

Q:レッスンで心がけていることはありますか?

▲楽しく笑いのある授業です。授業が始まってから終わるまであっという間に終わってしまうレッスン。単に楽しいだけでなく、面白いレッスン。英語に関する裏話もしていきます。

▲使えて、通じる英語の教授。どんな英語でも、とにかく伝わらなければ意味がありません。そして、通じたときの喜びを知ってもらいたいです!

▲生徒さんのそれぞれの英語学習の目的、事情に合わせた指導。通り一遍なレッスンはしません。伸ばしたい能力を重点的に。

Q:講師をしていてよかったなと思うことはなんですか?

生徒さんの成長を見れたとき。その成長をもとに、生徒さんが自分の将来に夢や希望を持てた時。

Q:ご自身はどうやって英語を身につけたのですか?

アメリカ留学前にしかっリと英語の基礎文法を見直しました。その時期に学んだものが今でも役に立っています。
最低限の英語の知識を身に付けた後は、実践、実践、実践です!とにかく、外人や英語を話せる人と英語を話しました。
また、英語のニュースを見て、英字新聞を購読しました。留学・海外での就職を経て、「生きた英語」に触れました。

Q:英会話上達のコツがあれば教えてください。

▲英語学習は、マラソンのようなもの。毎日ランニングをして鍛えていれば、いつでも走れますが、鍛えていなければ、いきなり走るのは無理です。英語学習も同じです。日頃から英語の筋トレをすることが大事です。とにかく、毎日10分でも15分でも構いません!何らかの形で、毎日英語に触れてください!

▲難しい単語や文法を忘れること。日常英会話に難しい単語や文法は必要ありません。中学英語の単語と文法で十分会話はできます。

Q:これから英会話をはじめようと思っている生徒さんへ一言!

英語を話すのは夢物語ではありません。果たして英語を話している外人たちは、私たちより頭が良いから英語が話せるのでしょうか?
答えは、NOです。日本語は世界でも屈指の難しい言語だと言われています。私たちはその日本語が話せます。
なぜでしょうか?生まれたときから今まで、何万回、何億回と練習してきたからです。つまり、英語学習のカギは練習と慣れです。
私たちが英語がうまく喋れないように、外人も日本語が喋れません。話せなくて当然なのです。
そして、そこには頭が良いとか悪いとかは関係ありません。要は、実践して、慣れるか慣れないかに多くの要因があります。
ですから、今日から少しずつ始めてみませんか!