【スタッフ山根】体験レッスン活用術 その2:素の自分を見てもらう

こんんちは。スタッフの山根です。


無料体験レッスンをお申込みをし
いざ、体験レッスン日の設定が整うと


「緊張します・・・」と
言われる生徒さんも少なくありません。



確かにそうですよね。
初めて会う先生と英語のレッスンなのですから。


『英語が聞き取れないかもしれない・・・』
『聞かれても英語で話せなかったらどうしよう・・・』
『なぜ答えられないのか問われたらどうしよう・・・』
『どんな先生なんだろう・・・』
『自分のレベルに合っていない先生だったらどうしよう・・・』



いろんな不安が心をよぎり
ドキドキの体験レッスン当日。


 


ご安心ください。
どんなドキドキや不安があっても



あっという間の20分間で中身の濃い楽しい時間でした!



と言えるコツがあります。



徹夜で英語の復習をする必要はありません。
たいそうな心構えもいりません。



そう!何も準備してこなくていいんです!
簡単ですよね!



言い換えれば
素のありのままのご自分を先生に見せてください!



更に言い換えれば
単語を知っているフリをしてはいけません!
先生の話すスラングを理解しているフリをしてはいけません!
わからないのに、Yes!と答えてはいけません!



わからないから。できないから。
英語のプロの日本人講師に教えてもらうのです。
その先生にはありのままのレベルを見てもらい
あなた専用のレッスンプランを先生にカスタマイズしていただきます。



もし、少々できるフリをしてしまったら
その前の段階の網羅できていないところは
そのままわからずじまいでスットバシテ進んでしまいます。


いずれ、そのうち、
『あ~。。。あそこの基礎が理解できていない』
と後悔につながります。



自分の素のレベルをさらけ出すことで
ビギンの講師は本能的にレベルを下げたり上げたりして微調整を行い
20分間で何かを修得して帰っていただける時間をご提供しています。



それが生徒さんと講師との相性を感じていただく時間でもあるのです。


 


20分間、何もせずボーッとしている時間と
20分間、密の濃い時間を過ごすのでは
気持ちの達成度が違います。


 


『素の自分をさらけ出すこと』


それが無料体験レッスンを受ける時の心構えです。

初心者からでもご安心ください。まずはでご確認を。