【代表加藤】英語脳に激変した生徒さんのとっておき勉強法

こんにちは。英会話ビギンの加藤です。



約2年間レッスンを続けている生徒さん、Tさんのお話。


そのTさんが最近、劇的に英語脳への変化を
実感しているとのこと。


その理由について、こう説明してくださいました。



Tさん「はじめの1年間は文法の基礎などを勉強して、
   それから、英語の仕組みに慣れてきた去年の12月くらいから、
   英語の日記を書き始めました。


   できるだけ毎日、ベッドに入る前に今日1日を思い出して
   英語で数行の日記をつけ続けました。」



加藤 「英語の日記を続けるうえで、難しいことはありましたか?」



Tさん「はい、もちろんありました!
    最初は何を書いていいのかわからず困りました。
    でもあまり難しく考えずに、
    今日あったことや感じたこと、友達と話したことなどを
    数行でいいから書くようにしました。


    疲れているときは、”I’m tired.”とか1文で終わってしまう
    こともありましたが、あまり気にしないように
    とにかく毎日書き続けることを意識しました。」


 


そうしてTさんは1年間、ほぼ毎日日記を書き続け、
何と先日のレッスンでちょうどノート一冊、
日記でいっぱいに埋まったのです♪



去年の12月から日記を書き続けてちょうど1年間、
1年間の思い出がつまったそのノートは
Tさんにとってかけがえのない英語勉強の成果として
残ることでしょう。


 


そして、日記を続けることで、英語脳への変化を感じたとか。



Tさん「はじめは書くのにすごく時間がかかりました。
    まず何を書こうかと日本語で考え、
   
それを英語に訳していたんです。
    でも最近は、英語の順序で ”誰が””どうした””何を”
    と考えられるようになり、はやく書けるようになりました
。」


 


まさにそれこそが「英語脳」!!!


 


Tさん、1年間の英語日記、本当にお疲れ様でした♪
来年もまた新たなノートで、日記を継続しましょうね!

初心者からでもご安心ください。まずはでご確認を。