【代表加藤】ビギンが日本人講師にこだわるのはなぜ?

こんにちは、英会話ビギンの加藤です。

先日、ある方がこんなお話をされました。

「私の周りには中国人の友人がたくさんいます。
 日本人の英語レベルとほとんど変わらないのですが、
 彼らは ”自分たちは英語が話せる”と思って
 英語を話しています。」

 

【日本人の英語レベルと変わらないのに】

【話せると思って話している】

ということがポイントです。

逆に、日本人は、英語レベルはそれなりにあるのに

「私は話せない、だから話さない」

という思い込みが強い、ということなのです。

例えば、街で外国人に英語で話しかけられたとき。

とっさに出たのが、

「I can’t speak English.=私は英語が話せない」という答え。

・・・でも、よく考えてみると
I can’t speak English. と英語でいえているのに、

「私は英語が話せない」

と本能的にいってしまう、
これは英語への苦手意識のあらわれです。

日本人の多くは、英語が話せないのではなく、
英語を「話さない」「話そうとしない」。
自分からガラガラと英語へのシャッターを閉めてしまいます。

英会話ビギンが日本人講師にこだわる理由は以下の2つ。

「日本人の英語に対する苦手意識は独特」

「そして、その独特な苦手意識をまず払拭する。
 その最初の一歩を踏み出すお手伝いは
 同じ経験をしている日本人講師だからこそできること」

と考えているからです。

 

「英語が話せない、だから話さない」

と思っているのに、
いきなり、外国人講師とただただ話しましょう、といっても
それはやっぱり、精神的な苦手意識という壁があり
無理も生じてしまうのです。

 

日本人講師がまず最初の一歩をお手伝い。
苦手意識を取り除き、英語を好きになったら
外国人とのコミュニュケーションを楽しむ。

 

日本人の独特な苦手意識を取り除くために
私はこの2ステップの学習がどうしても必要だと考えています。

 

 

 

初心者からでもご安心ください。まずはでご確認を。