【代表加藤】日本人講師だからといって日本語でのレッスンではありません

養成英会話ビギンは、日本人英会話講師のリーダーズカンパニー。

ビギンに登録している講師はもちろんのこと、
これから英会話講師を目指す方たちにも
養成講座などを開催し、日本人英会話講師の教育を行っています。

過去に開催した養成講座はこんな様子でした

そういった場でいつもお話をさせていただくのが、
レッスンで日本語をどの程度使うべきか」ということ。

ビギンを選んでくださった生徒様のお声を聞いてみますと

いざというとき日本語を使えるという安心感があります

という声を多くいただきます。

でも、だからと言って日本語を使いすぎてしまっては
ただの日本語の雑談になってしまう・・・・

日本語を使う配分は生徒様のレベルやご希望によって様々。

そこで、先生として、日本語と英語のバランスをコントロールしながら
生徒様が居心地良いと感じるレッスンをしてくように指導しています。

ここでひとつ、生徒様にもお願いが♪
日本語を使えるメリットを最大限活かしつつ
充実した英会話レッスンを受けていただくために、
レッスン中に「あること」を意識するようご協力をいただきたいのです。

その「あること」とは・・・・
レッスン中、先生に質問をするときに、
いきなり日本語で聞くのではなく英語でこのように聞いてみること。


「Can I ask a question in Japanese?」

「How do you say (日本語)in English?」

こうやって英語で聞いてみると、
不必要な日本語の使用を防げるので、
「今日は英語で話したぞ!」という充実感がアップします。

「これまで、聞きたいことがあるときはすぐに日本語を使っちゃったな」

という方は、是非、上記にご紹介した2つのセンテンスで
先生に質問をしてみてくださいね。

初心者からでもご安心ください。まずはでご確認を。