皆さんの先生方は、「英会話講師」ではありません!?

こんにちは、英会話ビギンの加藤です。

2010年はどんな英語学習の目標を立てましたか?
そしてその目標までの道のりは順調に進んでいますでしょうか?

目標設定に関してこんなおもしろい数字があるそうです。

———————————————-

・年初に目標をたてた人のうち、その目標を達成するのはたった【10%】
・そして【90%】の人が、【2月までに】目標をあきらめてしまっている!

(あるメルマガに記載されていた内容ですが出所は不明です。)
———————————————-

なんと驚きの数字だと思いませんか?

英語学習においても、同じような数字なのではないでしょうか。

しかし、ビギンの生徒さんは独りで学習しているのではありません。
私たち日本人英会話講師がついているのです!

日本人講師は、単なる英語の話し相手や教師ではなく、
生徒さんに寄り添い支援する「英会話コーチ」です。

生徒さんの目標を達成するための細かなフォローができる、
そこがネイティブ講師にはできない
日本人講師ならではの強みであると
先生方には伝え続けています。

あの有名居酒屋「和民」チェーン、ワタミ株式会社の社長、
渡邉美樹氏の書籍「夢に日付を!」によれば、
目標を達成するためには、

「イメージ(image)」と「意思(will)」

この両方が必要になるのだとか。
どちらか一方でも欠けてしまうと、夢は実現しないそうです。

———————————————
意思が行動を産み出すことはたしかです。
しかし「・・・べき」という意思は継続力が強くありません。
一方、「・・・でありたい」というイメージは、
意思以上に力を発揮します。
人間の潜在意識は、顕在意識より強いのです。
このように「べき」だけでは、人間は力を発揮できません。
まず、夢が先、イメージが先。
意思の力である「べき」は、そうしたイメージを
フォローするものだと考えてください。

(著者 渡邊美樹「夢に日付を!」 より)
———————————————

ビギンの先生方は、「英会話講師」ではなく、
「英会話コーチ」を目指しています。
「どうなりたいか」という「イメージ(image)」と
「そのためにはどうすべきか」という「意思(will)」を
生徒さんと一緒に共有して、
目標達成まで寄り添い支援するコーチです。

そんなビギンの素晴らしい先生方が行っている
目標達成支援の工夫やポリシーをご紹介しますね。

Sally先生■Sally先生:英語学習「自己」カウンセリングのススメ

yoshi先生

■Yoshi先生:立ち止まって、見方をかえる

nao先生■Nao先生:英語学習のPlan-Do-See

Plan編
Do編
See編

英会話ビギン 加藤いづみ

【関連記事】

最高のレッスンを行うための工夫

初心者からでもご安心ください。まずはでご確認を。