暗記をしなくても、自然に語彙が増えたHさんの勉強法

「引っ越しするので、本を寄付してもいいですか?」

こんにちは、英会話ビギンの加藤です。
先日、生徒のHさんから、このようなご連絡をいただきました。

そして数日後・・・・・・
Hさんからビギン宛てに届いた段ボールの中には・・・・

2010_02_01

なんと、海外の児童書など、100冊近くの本が入っていました!!!
実は、Hさんは過去にも100冊以上の本を寄付してくださったのです。
Hさんのご厚意に感謝、感謝です。

Hさんは、たくさんの本を読むことによって、こんな効果があったそうです。

■英語に対しての苦手意識が和らいだ
■単語の暗記をしなくても、自然に語彙が増えた
■英語を英語のまま理解するようになった(日本語に訳してしまう癖がなくなった)
■英語が楽しいものであると思わせてくれるきっかけになった

さて、英会話ビギンでは、「やさしく、かんたんに読める」図書の貸し出し、
Readers図書館を開いています。
生徒様は、サービスの一環として、
月5冊まで本を無料で借りることができます。

「辞書をひかずに」
「好きな本を読む」

この方法で、Hさんをはじめとして、上達した生徒さんが
ビギンにはたくさんいらっしゃるのですよ!

2010_02_02Hさんに寄付いただいた本は
早速、Readers図書館のラインナップに
くわえさせていただきます♪

先日も生徒のKさんに
「TOEIC730点をクリアする方法」について
インタビューをさせていただいたのですが、
ビギンの生徒さんは、本当に協力的な方ばかり。

皆様の英語学習への熱意と、ご厚意に感謝、感謝の加藤でした。

最後に、本を寄付してくださったHさんからいただいた
メールの一部をご紹介いたします。

「英語学習に必要なこととは何か」このメールから感じとって
いただけるのではと思います。

———————————————-

もっと勉強しなきゃならないのに、
時間が取れなくて出来ない日があったりして自己嫌悪してみたり、
もっとリスニングとかバランス良く勉強しなきゃならないのに、
文法とか多読ばかり自分の好きなことばかりやってみたり。
基本、あがきながら、右往左往しながら、泥臭く勉強してる感じです・・・。

英語学習に王道無し、とかよく聞きますが、
皆さん同じなのかもしれないですね。

でも、いずれにしても、楽しみながら勉強できているのが救いで、
確かに「一生の勉強」にできるような感触はあります。

それも、ビギンで自分のレベルに合った
アウトプットの場を得られているのは
大きいことだと思ってます。
多読にしてもアウトプットにしても、
自分のレベルにあった学習というのは大事で、
そうじゃないと、ただツラいだけの勉強になってしまって、
また英語が嫌いになってしまいますから。

ある程度のプレッシャーがあった方が伸びるのが早いのも事実でしょうが、
着実にステップアップしながら長く続けるためには、
そのバランスが重要なのかもしれないですね。

初心者からでもご安心ください。まずはでご確認を。