多読で英語脳を作る~メンバーさんの勉強法ご紹介

こんにちは、英会話ビギンの加藤です。

reader3ビギンでは生徒さんに多読(やさしい本をたくさん読むこと)を薦めています。
サービスの一環として、月8冊まで無料で本が借りられる
Readers図書館も開いています。

さて、最近はReaders図書館をご利用される生徒様がどんどん増えています!
多読コミュニュティーが広がり、とても嬉しいです。

reader1メンバーのTomさんがMixiのトピックで、図書館についても
取り上げてくださっています。

Readers図書館利用してますか?」

読み終わった本の感想もどんどん書き込んでいきましょう☆

さて今日は、メンバー様のReaders図書館 活用事例をご紹介いたします。

【ご質問(1)週に平均何冊のペースで読んでいますか?】
【ご質問(2)本を読むことを、英語学習にどのように取り入れていますか?】

~メンバー様の回答~

———————

(1)週2~3冊

(2)電車の中や、空き時間に楽しみながら読んでいます。

40代 女性生徒様

———————

(1)1~2冊

(2)通勤時間に読んでいます。
   日本語的に考えてしまうとついつい難しい表現になってしまうのですが、
   本を読んでいると、「簡単な英単語で、こう言えばいいんだ~」という発見が
   たくさんあります。
   ほとんど辞書をひかなくていいので読むのも楽です。
   私にはLevel2(1200語)くらいがちょうどいいみたいです。
   スピーキングにも役立っています。

50代 女性生徒様

———————

(1)1ページ~2ページをじっくりと読むようにしています。
   まだ慣れていないこともあり、ゆっくり取り組んでいます。

(2)先生から「英語の表現は一つだけではない」事を教えて頂きましたが、
   実際に本を読んで理解できない内容を先生に教えて頂いたりしています。
   少しでも辞書を引かずに理解できた時、とっても嬉しいのでモチベーションも
   上がるように感じています。
   お借りした本を全ページをコピーして何度も読んでいます。

50代 女性生徒様

———————

(1)週に1冊も読めてませんが、毎月2冊読んでいきたいと思います。

(2)英語学習を全体的に学べると思ってます。単語の習得や英語の理解力・読解力など。
   1度では分からない事もありますが、2度3度読む事により分かることもあるので、
   冊数は減らして繰り返し読む回数を増やしたいと思っています。

30代 男性生徒様

———————

(1)何冊かというとちょっと難しいのですが、昨年末の12月から多読を決意し、
   現在20万語ほどですので、5ヶ月=20週ですから、週に1万語ぐらいです。
   OXFORD BOOKWORMSシリーズのStage3レベルだと週に1冊程度でしょうか。
   10月までに50万語がちょっと背伸びの目標です。

   ビギンから借りるのはやさしめで語数が少ないものにしています。自分で買うと
   ちょっと勿体無いレベルのものを借りることができるため、重宝しています。
   簡単なのを選ぶので、借りたらその週に全数読んでしまいます。

(2)基本的には多読は楽しいからやっております。
   性格もあるのでしょうが、記録をつけて累積の数字が伸びるのが楽しい。
   そして、結果として英語に触れる時間が長くなれば、継続は力なり、になると信じています。

30代 男性生徒様

———————

(1)1から2冊

(2)簡単な本は、話の区切りごとに簡単なサマリーを作成する。

40代 女性生徒様

———————

(1)1~2冊(時間に余裕のある時とない時でバラツキがあります)

(2)レッスンの時に、読んだ本の中から一冊選び、本の内容を講師に説明してみました。
   意外とこれが難しくてアウトプットのいい練習になります。
   英文の速読が苦手なので、今後TOEICなどにチャレンジする際の
   英語の基礎がために役立てたいと思い、まずは英語で読む事を続け、
   習慣にしたいと思っています。

40代 女性生徒様

———————

ご回答くださった皆様、ありがとうございました!

皆様それぞれに、学習に取り入れてくださっていてとても嬉しいです。

まだ一度も本を借りたことがない!という方も
皆様の事例をご参考いただきまして、一度お借りしてみてくださいね♪

英会話ビギン 加藤いづみ

【関連記事】

100冊のサプライズ!

初心者からでもご安心ください。まずはでご確認を。