外国人のお友達を作ろう!インターナショナルパーティ in 半蔵門

2006年5月13日、2月に行われた英国大使館でのティーパーティに引き続き、半蔵門にて外国人の方たちとのパーティを開きました。
会場はビギン講師、イチコ先生の自宅、参加者の方々はビギンメンバーさん3名、スウェーデンからの学生さん2名でした。
実は、もともとこのパーティ、イチコ先生のお友達のコロンビア人の方が中心になって行われることになっていたので、お料理はコロンビア料理、お話はスウェーデンの文化について、と少し変わった趣向のパーティになりました。

さて、集合は午前11時半、少し遅れて始まったパーティでしたが、2時間という時間内ではおさまりきらないほど、楽しい会になりました。
前回のティーパーティに参加してくださった生徒さんも2名いらっしゃって、「緊張されていますか?」とうかがったところ、やはり初対面の外国人の方に会って英語で会話しなければいけないというので少し緊張されているようでした。

 

今回参加していただいた外国人の方はスウェーデン人のマティアスさん、そしてマティアスさんのお友達のエリックさんでした。お二人とも日本には学生としていらしていて、日本語の学校に通っているとのこと。20代半ばから後半の若い男性ですが、とてもしっかりしていて礼儀正しい方たちです。
まずは自己紹介と挨拶。さすがにご自身たちも語学学校に通っていらっしゃる経験上、初対面でも会話を絶やさず、笑顔で話しかけてくれます。最初は好きなスポーツやペット、英会話を習っている理由などを生徒さんに話していただきました。

マティアスさんとエリックさんは日本に来て語学学校で初めて知り合ったとのこと。マティアスさんは日本には1年半、エリックさんは1年ほどいらっしゃっていて、マティアスさんは日本語もかなりお上手です。英語は「ネイティブ?」と思うほど流暢で、理由を伺うと、ヨーロッパ言語はアルファベットを始め、共通の素材がかなりあるので習得しやすいとのこと。また、幼い時からイギリスやアメリカのアニメを字幕で見ることにより、英語を「聞く耳」が育っていくようです。日本人にはうらやましいお話ですよね。

スウェーデンはイギリス、日本と同じ王室国家ですが、両国と同じく政治的権力はないそうです。また、人口は900万人ほど。東京より少ないとは驚きです!

そして、スウェーデンといえば・・・「福祉」が充実していることで有名ですよね。その実情についてお伺いすると、まず公立学校はすべて無料で通うことができ、実はマティアスさんたちも今回の日本への留学は国からのローンで(もちろん後ほど就業した際に返済しなければいけないのですが)、今のところ無料で来ているとのこと。こちらも本当にうらやましい!

その反面、就業後の税金はかなり高く、やはり福祉大国なのだなあという気がしました。「学生でいるのは楽」、「仕事を始めると大変」というのは、どこの国も同じなのですね。

そしてスウェーデン、北欧といえば「白夜」で有名です。夏はほとんど日が落ちることがないそうです。夜通し明るいので眠りたくても眠れないことが多いとか。逆に冬は日照時間が短すぎて皆さん暗い気持ちになるとか。日本の梅雨も気分が落ち込むものですが、どの国の皆さんも大変な時期があるのですね。

さてさてスウェーデンからは少し離れ、お料理はコロンビアのもの。少し変わった取り合わせですが、皆さん楽しみにしていらっしゃった模様。
グアバの果汁を固めたようかんのようなもの(Bocadillos de Guayaba)とナチュラルチーズ(Queso)、チョリソ(Chorizo
Campesino)ととうもろこしのパン(Arepa de Maiz)、揚げバナナ(Patacon)、アンデスポテト(Papa Criolla)、エンパナーダ(ピロシキのようなもの)(Empanada
deCarne)、そしてグアバジュースでした。アンデスポテトはスウェーデンのポテトとそっくりだそうですが、その他はマティアスさんたちも生徒さんたちも初めて口にするものばかりのようでした。コロンビアは南アメリカの北西の部分、パナマの隣に位置し、土壌がよいのでどんな作物でも採れるそうです。気候は常春で、とても過ごしやすく、果物はトロピカルフルーツが主流です。グアバジュースは絶品でした。

食事も出され、生徒さんたちの緊張も少しずつほぐれてきました。時間のたつのは速いもので、2時間のパーティが3時間にまで延びていました!マティアスさんとエリックさん、そして生徒さんたち皆さん楽しいときを過ごされたようでした。
今回参加された生徒さんからは、「ぜひ続編を!」とのお声を頂いています。次回も楽しい会にしたいと思います!ぜひぜひご参加を!

参加された生徒さんの感想です
彼らは、日本に来て1年~1年半との事でしたが、私達の話す日本語をほぼ理解しており、とても感心しました。やはり、現地に行って何かを学ぶという事はとても効果的なものなんだと彼らを見ていて実感しました。私には、まだその勇気はありませんが・・・。語学を勉強しに来ている外国の方とお喋りできるのは、とても刺激になります。短期間であれだけ外国語をマスターしている姿を目の当りにすると、自分がいかに甘えているか思い知らされますが(^^;)また、「頑張らなきゃ!」という気持ちを取り戻させてもらいました。( Wさん 女性)
昨日のイベント。予定時間が過ぎた後も、イチコ先生のご家族。スピーカ-の方たちと楽しい時間を過ごすことが出来ました。レッスンと一区切りつけた後の時間が、やっと緊張も少し緩和され、リラックスできて楽しかったです。(笑)
元来、初対面の人との会話が苦手な私は、その状況下になんとか慣れること、そして、英語を聞き、話すことに精一杯で、正直あまりお料理を楽しむことは出来ませんでした^^;(でも、しっかり、全種類いただきましたが・・)

初心者からでもご安心ください。まずはでご確認を。