2つの「to」~前置詞と不定詞:働きにより使い分ける

同じスペルでも種類(品詞)が違い
その働き(意味 使い方)の異なる単語があります。

toもその一つです。

今日は二つのtoを紹介します。

今回の目的は
『二つのtoのそれぞれの意味をしり、その使いわけをすること』

使う時のルールを確認しながら参りましょう。

二つのto(前置詞と不定詞)


1つ目のto(前置詞)
(1) 意味「~へ」 向かう方向を示す
(2) 使う時のルール:向かう場所がtoの後に来る。 

2つ目のto(不定詞)
(1) 意味「~するために」 行動の意味 目的をあわらす
(2) 使う時のルール:すること(=行動)がtoの後に来る。形は常に原形です!

1つ目と2つ目のtoを以下の例文で見ていきます。

例文

I came to Japan to learn Japanese.
「私は 日本語を学ぶために 日本に来ました」
※ came=来た(come=来る の過去) 学ぶ=learn

最初のtoは「1つ目のto(前置詞)」です。後にはJapan(=日本)が来ていますね。
I came to Japan. は「私は日本に来た」と訳せます。

この時のtoは「~に」という意味で 場所へ向かうto
toの後には 行った「場所(土地の名前)」を置きます。

次のtoは
「2つ目のto(不定詞)」to learn Japanese.=「日本語を学ぶために」
この時のtoの意味は「(~する)ために」 行動の意味、目的をあらわします。

する、というのは行動ですから toの後には 行動をあらわす言葉を置きます。
今回は「学ぶ=learn)」 原形です。

ここまで いかがでしょう。

では以下に未完成の文がありますから 4か所穴埋めをし完成させましょう。
先に述べた例文や to(1)(2)の解説を参考にして下さい。

■ヒント:
toは二箇所必要です。

went=行った(go=行く の過去形) meet=会う my old friend=私の昔からの友人

“I( 1 ) ( 2 ) Okinawa ( 3 ) ( 4 )my old friend.”
「私は昔からの友人に会うために 沖縄に行きました」

■正解と補足
1. went
2. to

went to=~へ行く
このtoは場所 Okinawa(沖縄)の前にありますね。
意味は「(沖縄)へ」 と 行く方向をあわらしています。

3. to
4. meet

to meetの意味は「(会う)ために」
行動の意味、目的をあらわします 。meetは原形ですよ!

いかがでしたか。
toそれぞれの意味と働きの理解は深まりましたか。

2つの「to」~前置詞と不定詞:まとめ

toには目的や行動の結果を表す「~するため」「~すること」また 方向性を示す「~へ」という二つの意味があります。一文で同時に使うことは それぞれの役目が際立ち理解が定着します。

人気記事ランキング

最新のコラム

初心者から日本人講師と始めるマンツーマン英会話レッスン
英会話が苦手な初心者の方向けのメルマガ書いてます♪
英会話コラムのメールマガジン登録はこちら とにかく「英語は苦手!でも英会話にチャレンジしてみたい」という初心者の方に知っておいてほしい厳選情報を3日毎に配信しております。
※ サンプルのメール文章はこちら
※ 不要な場合はワンクリックで解除できます