英語の「月-month-」 呼び名の不思議

1月から12月までを英語で言えますか?

では、参りますよ!

January February March April May June July
August September October November December ですね。

全部言えましたか?

さて、この当たり前のように覚えてしまった月にある謎があります。

9月以降がちょっと変なのです。

それでは、月の語源(origin)をたどってみましょう。

Septemberの[sept]はフランス語で「7」を意味します。
何故、「9月」なのに「7」が使われるのでしょうか。

それは、July「7月」とAugust「8月」が入り込んでしまったから
2カ月後ろにずれてしまったのです。

では、このJulyとAugust とは一体何なのでしょうか。

JulyはJulius Caesar(ローマ皇帝)のから、
Augustは、Augusutus(初代ローマ皇帝)から来ています。

この二人の誕生月がそれぞれ7月と8月だったので、
二人の名前にちなんだ月の名前がそこに挿入されてしまったのです。

この二人の名前が入ってしまったので、
9月以降がその言葉の持つ意味よりも2カ月ずれてしまったと言うことです。

それでは、実証してみましょう。

<October>「10月」の[oct]はフランス語で「8」と言う意味です。octopusは「たこ」で足が8本ですね。

<November>「11月」の[nove]はフランス語では、[neuf]で「9」のことです。

<December>「12月」の[dec]はフランス語では[dix]で「10」のことです。

では、1月から6月はどのような意味があるのか見てみましょう。

<Januaryの由来>

ラテン語「Janus 神の月」の意味。
Janusとは、「入り口(戸口)をつかさどる神」旧年と新年と両方にまたがる月であることからこの名前になったようです。

<Februaryの由来>

ラテン語「厄払いの儀式(の月)」の意味。
贖罪のためのささげ物,古代ローマの贖いの祭り(2月15日)」にちなんでいます。

<Marchの由来>

ラテン語「軍神 Mars の月」の意味。

<Aprilの由来>

ラテン語のAprilis から。aperire「開く」で、花が開く季節だから。

<May の由来>

ラテン語Maius mensis「女神 Maia の月」の短縮形で、Maia は Faunus の娘で、Vulcan の妻、春の女神。

<June の由来>

ローマの最高神ユーピテル(ギリシャ神ゼウス)の正妻ユノーJuno(ギリシャ神ヘーラー)から。
結婚をつかさどる女性の守護神。ジューン・ブライドとはユノーに守られた幸せな花嫁のことを言います。

このように、語源をたどってみると、言葉の意味を知ることができて楽しいですね。

人気の英会話コラムをメールマガジンで購読できます

たくさんある英会話コラムの中から選りすぐりの人気コラムをメールマガジンで毎日1つずつ配信します! ※ 不要な場合はワンクリックで解除できます