間違えやすい英語:big と large の違いは?

目次

英会話ビギン講師、北千住エリアのユキです。

「big と large の違い」

について、生徒様によくご質問をいただきます。

ほとんどの場合入れ替え可能ですが、

bigのほうが主観的で感情的です・・
largeのほうが客観的で物理的な感じです・・・

とわかりにくいですね。

例を出します。

It’s a large cup.
⇒普通に存在するコップの
平均サイズより大きい(誰が見ても大きい)

It’s a big cup.
⇒大きいことはまちがいないけど、
話し手の主観も混じっている。
私の胃袋には大きすぎ。

そこまで厳密に注意を払わなくても大丈夫ですが、
たまーに入れ替えできないこともあります。
たとえば、イディオムに組み込まれていたり、固有名詞だったり。

a large number of –たくさんの
Big Apple…地名は変えちゃだめ

文章のなかでどう使われているか見てみると、だんだんわかってきますよ☆

初心者から始めるマンツーマン英会話レッスン
英会話が苦手な初心者の方向けのメルマガ書いてます♪
英会話コラムのメールマガジン登録はこちら とにかく「英語は苦手!でも英会話にチャレンジしてみたい」という初心者の方に知っておいてほしい厳選情報を3日毎に配信しております。
※ サンプルのメール文章はこちら
※ 不要な場合はワンクリックで解除できます

関連記事

最新のコラム