会話中に英語脳にとどまる3つの秘訣

どうしても英語脳になれない!
どうしても日本語がでてきてそれを訳そうとばかりしてしまう!といったお悩み、英会話学習者共通の悩みですよね。
本日はそうしたお悩み解決につながる秘訣を伝授いたします。

英語学習に普段から地道な努力をなさっている英語学習者の皆さんなら“英語脳”という言葉には親しみを持っていらっしゃるのはないでしょうか。

確かに日本語と英語ではそもそも発想が全然違うことが多いので、英語を話す時に英語脳が大事なことは言うまでもありません。
しかしながら、英語が母国語でもない人が英語脳になる、と一口で言ってもなかなか難しいことです。

難しいですが、しかし英語脳になるコツはあります。
本日はそうしたコツを伝授したいと思います!!

レッスン中、あるいは実際にネイティヴスピーカーと会話をしている時に、英語脳でいるために実践できることには下記の点があります。

言いたいことが思い浮かばない!そんなとき、英語脳にとどまる方法(1)

→ 「ウーンと、えっと」と言わない!
講師、あるいはネイティヴスピーカーがあなたが何を言おうとしているのか、言葉が出てくるまで待ってくれています。
んー、焦る。
そして、もしかして、「ウーンと、えっと」といった日本語のつぶやきがでてしまっていませんか? 
「ウーンと、えっと」は確かにちゃんとした日本語ではないかもしれません。
しかし、それでも立派な日本語の一部なのです。会話の沈黙を埋めるものとしてfillerと呼ばれるものです。
これが出てしまうと、脳は日本語脳へとまっしぐら。
ますます言葉が、英語がでてこなくなります。

では、どうしたらよいのでしょう? 

解決策:「ウーンと、えっと」の英語版 “Well,….” “Let me see,…..”と言う

“Well,….” “Let me see,…..”は気恥ずかしくて言えない、と感じられるビギナーの方は多いかもしれません


特に”Let me see…” はハードルが高いかもしれませんが、”Well….”なら言えると思います。
「ウーンと、えっと」の代わりにまずは”Well….”と言うことを試して下さい。
言葉は出なくても英語脳に少しでもとどまることができるはずです。

言いたいことが思い浮かばない!そんなとき、英語脳にとどまる方法(2)

以下の方法で、なんとか英語で切り抜けてみます。

1. 知っている単語を並べる

例えば、昨夜夜更かしをした、と言いたい時。
I not sleep late yesterday night. と言う風に、とにかく沈黙するのではなく、知っている単語を並べても、決して恥ずかしいことではありません。
多くの場合、”Oh, you stayed up late last night.”と、言い換えをしてもらうことが期待できます。

2. How do you say ______ in English?を使う

How do you say ______ in English?という言い方を覚えて、英語での言い方を訊く。
上の例であれば、How do you say yofukashi in English? とダイレクトに訊きましょう。
そのこと自体が英語を使う良い練習となります。

会話の流れの中で英語脳にとどまる方法

ずばり、相づちをうつことです。
次の相づちを覚えておきましょう。

Uh huh/ Really?

→ “ふーん”“本当に?”と言った意味合いで相手の台詞を引き受けます。

A: I went shopping last weekend. (先週末に買い物に行ったんだ)
B: Uh huh.   (ふーん)

A: I went shopping last weekend and spent \50,000! (先週末に買い物に行って50,000円使った!)
B: Really?  (本当に?)

といった感じです。
どちらの場合も相づちをうつと次の質問、例えば”What did you buy?” (何を買ったの?)といった文が出やすくなるはずです。

Sounds good.

→何か良い話を聞いた時の相づちです。

A: I went to Odaiba to see the illuminations. They were so beautiful!
(イルミネーションを見にお台場に行ったんだ。とてもきれいだったよ!)
B: Sounds good. (いいねえ)

Sounds bad.

→何か良くない話を聞いた時の相づちです。

A: I caught a bad cold last week. (ひどい風邪を先週ひいた)
B: Sounds bad. Are you okay now? (大変だったね。今は大丈夫?)

Ok.

→相手に何かをするように言われた時に使う相づちです。

A: Please repeat after me. (私のあとに続いてリピートしてください。)
B: Ok. (はい)

上記のような相づちは英語脳にとどまるのに大きな効果があり、その後に質問をしたり会話を続けやすくする効能があります。

以上、英語脳でいるための3つの方法、是非試してみてください!

人気記事ランキング

最新のコラム

初心者から日本人講師と始めるマンツーマン英会話レッスン
英会話が苦手な初心者の方向けのメルマガ書いてます♪
英会話コラムのメールマガジン登録はこちら とにかく「英語は苦手!でも英会話にチャレンジしてみたい」という初心者の方に知っておいてほしい厳選情報を3日毎に配信しております。
※ サンプルのメール文章はこちら
※ 不要な場合はワンクリックで解除できます