英語日記を続ける3つのコツ

目次

こんにちは、英会話ビギン
妙典エリア担当の陽子です。

2013年は是非、「英語日記」をつけてみてください。

「えー日記なんて日本語でだって書いたことないよ」
「日記は何度も書いたことがあるけれど続いたことない」
「毎日同じ生活で書くことない」

なんて声が聞こえてきそうですが、
コツをお教えしますのでご安心を。

●コツその1・・・長く書かない

一日3行で良いと思います。
長く書こうとすると、溜まった時に挽回するのが難しくなります。
無理せずちょっとずつ、が続くコツです。

●コツその2・・・書くことがない日は未来のことを書く

今日も昨日と全く同じ生活だったよ、という日もあると思います。
どうしても思いつかないときは未来のことを書くといいと思います。

今週末は○○をする予定だ、とか
明日は飲みに行くからそれを楽しみに今日は頑張るぞ、
みたいな文なら書けそうじゃないですか?

●コツその3・・・誰かに見てもらう

一人でやっているとついつい甘えてしまい、
三日坊主になりかねません。
やっていることを誰かに知ってもらって、
やめられない状況を作ると良いでしょう。

自分でお勉強されている方は、
ブログやフェイスブック、ツイッターなどで
発信するのも一つの手です。

理想は英語ができる誰かに見てもらい、
間違えを正してもらったり、自分が使っている表現が
正しいのかどうか確認してもらえればベストです。

レッスンを受けていらっしゃる方は担当の先生にみてもらうといいですね。
私の生徒さんは半分くらいの方が英語日記を書いて下さっています。
最初は3行も大変なのが、何も言わなくても
段々長く書いてきて下さるようになるので本当に驚きです。

初心者から始めるマンツーマン英会話レッスン
英会話が苦手な初心者の方向けのメルマガ書いてます♪
英会話コラムのメールマガジン登録はこちら とにかく「英語は苦手!でも英会話にチャレンジしてみたい」という初心者の方に知っておいてほしい厳選情報を3日毎に配信しております。
※ サンプルのメール文章はこちら
※ 不要な場合はワンクリックで解除できます

関連記事

最新のコラム