高校の友達を英語で?「×My high school’s friends」ではない!間違いやすい「~の」の使い方

初心者から始めるマンツーマン英会話レッスン

よくある間違いでもあり、よくある質問でもある「~の」という表現。

「~’s」を使った表現は中学校1年生で習う付き合いの長い表現です。
そのあとに「~of・・・」という表現が登場します。

かといって「高校の友達」は「My high school’s friends」とも「friends of my high school」とも言えません。日本語の「~の」という表現は英語では様々に変化します。

例文をみながら一つ一つ比べてみましょう。

(1) ~’sを使った所有の「~の」

基本的には、~の部分に人や動物がきます。

My brother’s birthday 兄の誕生日
Eric’s mother エリックの母
My dog’s favorite toy 私の犬のお気に入りのおもちゃ

(2) ofを使った「~の」

~’sとは違い、~の部分に物がきます。~の一部、という意味にもなります。

The third floor of this building. この建物の三階
The cover of the book. その本の表紙
The screen of my computer. 私のパソコンの画面

(3)fromを使った「~の」

ここででてくるのが「高校の友達」というフレーズ。
「~」の部分に学校や会社や団体がくる場合、fromを使うのが一般的です。

My friends from high school. 高校の友達
A lady from ABC company. ABC社の女性
A guy from my swimming team. 水泳部の男性

(4)名詞を並べるだけの「~の」

「学校の先生」や「車の座席」などセットでよく使われる2つの名詞は並べられるだけのことが多いです。

school bag 学校(の)カバン
train ticket 電車(の)切符

まとめ

最後に、問題を解いてみましょう。
正しい文章にはOK、間違った文章は直しましょう。(正解は最後)

(1) I tried to close the house’s door.
(2) He met Anthony’s son yesterday.
(3) I borrowed the computer of Miki
(4) He sat in the backseat of the car.

■答え

(1) the door of the house
(2) OK
(3) Miki’s computer
(4) OK

日本語の「~の」は所有(私の靴)、や場所(玄関のそうじ)、所属(会社の部下)など様々に用途が異なるため、英語の場合すべてに「~’s」を当てはめることができません。
沢山の英語に触れて、どのように「~’s」や「of」が使われているのか意識してみましょう。