英語力を伸ばす質問

目次

今日の本題「英語力を伸ばす質問」についてです。

”○○○”って英語で何というんですか?

レッスンで先生に必ず
一度はしたことがある質問ではないでしょうか?

お疲れ様、って英語でなんていうんですか?  
頑張れって英語でなんていうんですか?
お久しぶりって英語で何というんですか?

こうやって質問をするのも悪いことではないのですが、
ピンポイントの答えをもらってそれで終わり・・・・
ということになりかねませんね。

○○○は英語で何というの? と訊くかわりに、

【What can/should I say when ~(situation)?】

(シチュエーション)の時、
何と言った良いのでしょう?/
何というべきでしょうか?

・・・と聞くと良いです。

How do you say “otsukaresama” in English?
と訊く代わりに、

  
What can I say when my co-worker leaves the office ?
(同僚が会社を出るとき何といったらよいでしょう?)

How do you say “ganbatte” in English?
と訊くかわりに

What can I say when someone is working hard?
(誰かが一生懸命働いているとき、何と言ったらよいでしょう?)

How do you say “ohisashiburi” in English?
と訊くかわりに

What can I say when I meet someone after a long time?
(長い時を経て誰かと会った時、なんと言ったらよいでしょう?)

このような訊き方のほうが、英語力を伸ばすのだそうです。

えっ?質問の方が難しい??

確かに、いや、だからこそ、英語力が伸びるのです。
理由は主に3つ。

(1) 自分がどんな英語を知りたいのかをはっきりさせられる

(2) 自分が知りたい英語が使われるシチュエーションを英語で表現しよう、
と四苦八苦するので、不完全でも英文を作る練習になる→大事!!

(3) 日本語では同じでもシチュエーションによって違う英語表現になるとき、
自分が的確に知りたいことが訊ける。

たとえば、
How do you say “okaerinasai” in English?

って訊いてしまうと、もしかしたら、

We say ‘Glad to see you back!”

という答えが返ってきてしまうかもしれません。
でも、この表現は長い旅から帰ってきた人にしか使いません。

いわゆる、日本語の日常的な’お帰りなさい’と同じように
使ったら、笑えますよね。

What should I say when my child come home?
(子供が帰宅した時に何と言えばよいでしょう?)

と訊けば

Oh, we just say ‘Hello dear’ and
we might ask ‘How was your day?’
(ん~、ただ、Hello dear と言って、
どんな日だった?って訊くわ)

というふうな返事を得ることができ、’お帰りなさい’に
マッチする英語がないことに、気づきます。

【What can/should I say when ~(situation)?】

という表現の situation を英語で表現するのは、
確かに難しいかもしれませんが、
不完全、あるいは間違いを含む説明でも
何となく、察してくれることが多いものです。

なにより、○○○って英語で何というのですか?という質問で
得る答えはすぐ忘れてしまいがちですが、
苦労して訊いて得た答えは、
的確なものを引き出す確率が多い上に定着もいいものです。

初心者から始めるマンツーマン英会話レッスン
英会話が苦手な初心者の方向けのメルマガ書いてます♪
英会話コラムのメールマガジン登録はこちら とにかく「英語は苦手!でも英会話にチャレンジしてみたい」という初心者の方に知っておいてほしい厳選情報を3日毎に配信しております。
※ サンプルのメール文章はこちら
※ 不要な場合はワンクリックで解除できます

関連記事

最新のコラム