happy は「幸福な」という意味に縛らない方が良い!

初心者から始めるマンツーマン英会話レッスン

happyという言葉の意味を言ってみてください。

たいていの辞書には、まず「幸福な」や「幸せな」という意味が書かれています。

そのせいか、少し重い意味でhappyを理解していませんか?

happyは、それほど重い意味ではありません。

「嬉しい」や「満足して」という意味合いで、普通に使えます。

 

「それを聞いて嬉しいです。」

I’m happy to hear that.

 

「良かったですね。」と相手に対して言うときは、

I’m happy for you.

 

「今は満足です。」

I’m happy now.

 

「お会いできて嬉しいです。」

I’m happy to meet you.

 

このあたりの意味合いとしては、gladとほぼ同じですね。

happyもgladと同じように、もう少し気楽に使ってみましょう。

 

「私は自分の仕事に満足しています。」

I’m happy about my job.

 

「誕生日おめでとう!」

Happy Birthday!

 

「記念日おめでとう!」

Happy Anniversary!

 

「楽しい休日をお過ごしください。」

Happy holidays.

 

そこで、クイズです。

次の英文の意味は何でしょう?

 

I couldn’t be happier.

直訳すると、「より幸せになることはない。」ですね。

ということは、「こんなに幸せなことはない。」ということで、

つまり、「私は最高に幸せです。」となります。

 

では、次はどうでしょうか?

I have never been happier in my life.

直訳だと、「私は人生でより幸せなことはない。」です。

ということは、「これほど幸せなことはない。」と言う意味なので、

「これまで生きてきた中で一番幸せです。」となります。

 

couldn’t や neverのような強い否定を表す言葉を使って、

その逆の強い肯定を表すことができるのです。

 

また、happy to~で、「喜んで~する。」という意味にも使えます。

「喜んでお手伝いします。」

I’ll be happy to help you.

 

「喜んで(そのように致しましょう)。」

Be happy to.

人に何かお願いされたときに、それを同意するときの丁寧な表現です。

確か、どこかの居酒屋さんで、何かを注文すると、

「喜んで!」と言ってくれるところがありましたね。

これは、とても感じの良い応え方なので、どんどん使ってください!

 

happy with~で「~に満足する。」と意味になります。

「私は自分の生活に満足しています。」

I’m happy with my life.

 

「私は自分の仕事に満足しています。

I’m happy with my work.

 

ちょっと変化球ですが、

「私はわけもなく嬉しい。」は、

I’m happy without reason. です。

withoutは「~なしで」、reasonは「理由」です。

つまり、「理由無しで」→「わけもなく」となります。

 

happyをもっともっと使ってみてくださいね!