英語をそのままカタカナ表記するのは困難だ!

目次

「英語の本場、イギリスの首都Londonの発音は?」

と聞かれると、おそらく「ロンドン」と即答するでしょう。

え?違うのか?と、疑問を持つ方も多いと思います。

 

Londonの発音記号は、[lˈʌndən] です。

[l]の後の[ʌ]は、「オ」ではありませんね。

そう、「ア」です。

でも、この単語の音声を何度聞いても、「ランドン」には聞こえません。

どちらかというと、やはり「ロンドン」に近いです。

 

発音記号自体は[ʌ]で、これは日本語の「ア」で良い、と一般的には言われています。

結局、「ロンドン」よりの「ランドン」なのでしょうか……。

あとは、音声を何度も聞いて確認してみてください。

 

また、よく使う単語で「分」を表すminuteはどのように発音しますか?

この発音記号は[mínɪt]です。

[m]の後の[í]に注目してください。

これは「イ」と発音すると、教わります。

でも、日本語の「イ」とは少し違います。

単語の音声を聞いてみると、「エ」に近い「イ」に聞こえます。

 

もう一つ。

「服のボタン」は英語では、buttonですが、発音はどうでしょうか?

発音記号を見てみると、[bˈʌtn] となっています。

これも、[b]の後は、[ʌ]ですね。

またしても「ア」です。

これは、音声を聞くとはっきりのどの奥で「ア」と言っています。

そのあとの[tn] がくせ者です。

これは、カタカナ表記をするとき、どうしますか?

「トゥン」ですか?

いえいえ、音声を聞くとそのような発音はしていないようです。

何ともカタカナ表記の難しいこと。

 

そうです!難しいのは当たり前です。

母音だけ見ても、日本語の母音は5個。

英語では20以上にもなるのです。

それに加えて、英語では子音だけの音がたくさん出てきます。

日本語は英語由来のカタカナ言葉も母音で終わらせようとします。

ice cream →「アイス[su]ク[ku]リーム[mu]」

skate→「ス[su]ケート[to]」

のように、例を挙げたらきりがありません。

 

英単語の発音を先生から聞いて、発音記号で書く人はあまりいないと思います。

おそらく、カタカナで何とか表記しようとするでしょう。

そんなとき、日本語と英語の発音のギャップを切実に感じることでしょう。

そのギャップも受け止めて、言葉の壁を感じることも大切だと思います。

人気記事ランキング

最新のコラム

初心者から日本人講師と始めるマンツーマン英会話レッスン
英会話が苦手な初心者の方向けのメルマガ書いてます♪
英会話コラムのメールマガジン登録はこちら とにかく「英語は苦手!でも英会話にチャレンジしてみたい」という初心者の方に知っておいてほしい厳選情報を3日毎に配信しております。
※ サンプルのメール文章はこちら
※ 不要な場合はワンクリックで解除できます