外資系企業での外国人スタッフとの接し方 3 (上司との会話)

初心者から始めるマンツーマン英会話レッスン

グローバル企業では外国人が上司になることも珍しくありません。

昔、私が勤めていた日本企業がある日突然、外資企業と合併し、
間もなく上司がイギリス人になりました。

初めての外国人上司 John Evans(仮称)を迎えた際、私は笑顔で挨拶しました。

 

“Hi, John. Nice to meet you.”

 

ところがその後、先輩(TOEIC990点)に呼び出され、注意されました。

「お前、上席にあの挨拶はまずいだろ~」

 

英語圏ではお互いをファーストネームで呼び合いますが、とはいえ、

初対面の人や目上の人には “Mr.”(”Ms.”)を苗字につけて呼ぶのがマナーなのでした。

たとえば John Evans 氏の場合は “Mr. Evans” となります。

(女性の場合は “Mr.”の代わりに “Ms.”)

 

その後に続く会話では、文末に相手の名前を入れて話すと好印象です。

たとえば、、、

 

“Would you like some coffee, Mr. Evans?”

「エバンスさん、コーヒーはいかがですか?」

 

ただし相手から “Just call me John, please.” などと言われたら、いつまでも”Mr. ~” ではなく、ファーストネームで呼びましょう。

 

 

ところで、英語にも日本語ほどではないですが、敬語表現があります。

上司にものごとを依頼する際は、以下のような表現が使えます。

 

◇Could I ask you to ~?(~いただけますか?)

“Could I ask you to confirm the report, Mr. Jones?”

「ジョーンズさん、報告書を確認していただけますか?」

 

◇I would like you to ~. (~いただきたいのですが)

“I would like you to look over these documents, Ms. Johnson?”

「ジョンソンさん、書類に目を通していただきたいのですが」

 

◇I’d appreciate it if you could ~.(~いただけるとありがたいのですが)

“I’d appreciate it if you could give me some feedback on this issue, Mr. Brown.”

「ブラウンさん、この件についてご意見いただけるとありがたいのですが」

 

◇Would you mind ~ ing?(~いただいてもよろしいでしょうか?)

“Would you mind helping me with this issue, Ms. Davis?”

「デービスさん、この件で助けていただいてもよろしいでしょうか」

 

なお、Please ~. Will you ~? Can you ~? は

上司が部下に、または同僚間でお願いをする場合に使われます。

 

次回は、会議で使える英語表現をご紹介します。