間違いやすい英語「財布を盗まれた」

目次

こんにちは。英会話ビギン講師 渋谷エリアのユキコです。

「財布を盗まれた」

といいたいときに、なんと言うでしょうか?

「I was stolen my wallet.」

ととっさに言ってしまう人が結構いらっしゃいます。
この文章だと、

私が盗まれた 

になってしまいます。

上のような、【何かの被害を受けた】と言いたい時に
共通して使える形を覚えておきましょう!

have+’実際に被害を受けたもの’+過去分詞

■例   
I had my wallet stolen.
(私は財布を盗まれた)

I had my car vandalized in the parking lot last night.
(昨日私は車を駐車場で破壊された)

では、練習問題です。

■練習問題 

(1) Ichikawa Ebizou got into a fight and
 (市川海老蔵はけんかをして)
鼻の骨を折った。(折る=break)

(2)彼は車を盗まれた。

(3)彼女は、家に泥棒に入られた
(家などに押し入る=break into)

(4)私はクレジットカードの番号を盗まれた。

答え ↓

(1) (He) had his nose broken.

(2) He had his car stolen.

(3) She had her house broken into.

(4)I had my credit card number stolen.

(10年ほど前に本当にあったこと)

*注:この形は何らかの被害にあった時に使うのであって
  ただ、単にケガをした時はこの形は使いません。
  単にケガをしたときは、能動態を使います。

*I broke my leg while skiing.
(スキーをしていた間に足を折った)

人気記事ランキング

最新のコラム

初心者から日本人講師と始めるマンツーマン英会話レッスン
英会話が苦手な初心者の方向けのメルマガ書いてます♪
英会話コラムのメールマガジン登録はこちら とにかく「英語は苦手!でも英会話にチャレンジしてみたい」という初心者の方に知っておいてほしい厳選情報を3日毎に配信しております。
※ サンプルのメール文章はこちら
※ 不要な場合はワンクリックで解除できます