お久しぶり~、を英語で言うと

目次

「”久しぶり”ってなんていうんですか?」

よく、受ける質問なので、ここで確認しておきましょう。
英語と日本語、発想が全然違うことってありますが、この表現もそう。

”久しぶり”=前に(そのことがあってから)長いことたっている、

という風に考えます。

時間に関することは、主語はit,
時制は前にあってから今までずっと時間が経過している、という考え方から、
現在完了形を使います。
従って、

It has been a long time.

これで、久しぶり、という漠然とした意味を表します。
これに

since we had rain.

をつけると、”久しぶりの雨”となります。
It has は省略して、It’s..となるので

It’s been a long time since we had rain.

since のあとに過去形の文をつければ、

【そのことが以前あってから長い時間がたった
→ひさしぶりでそのことがおきている】

という意味になります。

It’s been a long time since we had lunch in this restaurant.

(久しぶりでこのレストランでランチするね。)

といった具合。

久しぶりで誰かに会った時は

It’s been a long time.

だけでも、 久しぶり、という語りかけ、として使えます。
あとに since we met beforeというフレーズが省略されているのだけれども、
わざわざ言わなくても、明らかなので、言わないのがフツー。

誰かと、ばったり、うれしい、懐かしい再会の機会があったら、
是非、試してみてください。

初心者から始めるマンツーマン英会話レッスン
英会話が苦手な初心者の方向けのメルマガ書いてます♪
英会話コラムのメールマガジン登録はこちら とにかく「英語は苦手!でも英会話にチャレンジしてみたい」という初心者の方に知っておいてほしい厳選情報を3日毎に配信しております。
※ サンプルのメール文章はこちら
※ 不要な場合はワンクリックで解除できます

関連記事

最新のコラム