最上級「○○の中で一番~だ」の表現で使う前置詞はin?それともof?どう使い分けるの?

最上級「○○の中で一番~だ」というときの前置詞はinなのかofなのか、悩んだことはありませんか?
日本語では区別しませんが、英語ではinとofを区別する必要があります。
前置詞inとofの意味を考えながら、使い分けるポイントを考えていきましょう。

ofは所属メンバーのトーナメント!

ofの後ろには、数字や複数形がくる、という説明をよく耳にします。 
例えば、

He is the smartest of the three.
This question is the most difficult of all.

allは「全部」なので複数のニュアンスがありますから、複数形=ofになると考えることも可能ですが、なぜこういった場合はofになってinにならないか気になりませんか?
ここで、前置詞ofの持つ意味を考えてみましょう。

ofの意味は「所属」

a member of the team などからわかるように、ofは「~の」という所属を表します。
その意味から考えると、of the three は場所としてではなく、所属している集団を表します。
集団である以上、当然複数形なので、ofの後ろは複数形の名詞と言われているわけですね。
その集団で競い合うトーナメントをした場合の一番、を意味するのがof~です。

inは所属している入れ物!

inは後ろの名詞が場所を表す、と覚える方が多いようです。

Mt.Fuji is the highest in Japan.

日本は場所ですからこのルールに当てはまります。
ただ、このルールに当てはまらない場合もあります。
例えば「家族の中で」はin the familyを使います。
家族はどう考えても場所ではありませんね。 

これは、inが全体的な入れ物だとイメージするとわかりやすいです。
誰と競い合っているかの中身を考えず、自分がいる範囲の中で、というイメージです。
入れ物ですから、基本的には後ろに場所を表す名詞がくることが多いのです。

of the familyは間違い?

実はこの表現も間違ってるわけではありません。
familyの意味を範囲と考えず、父・母・兄弟などそれぞれのメンバーが所属している集団と考え、そのメンバー内で競い合うトーナメントのイメージであれば、of the familyも文法的には正しいです。
ただ実際、英語ではfamilyは範囲として考えることが多いようです。
また、familyは単数形で、複数形のfamiliesという形が存在します。つまり、所属している家族のメンバーを意識して複数名詞として扱う、ということもしません。
家族内の所属しているメンバーを意識して言う場合は、of the family membersと言います。

練習問題

では、最後にinとofの使い分けテストをしてみましょう。

(1) He is the tallest ( a ) the class.
(2) The restaurant is the most famous ( b ) our town.
(3) John is the youngest ( c ) the colleagues.

応用問題
(4) Today is the saddest day ( d ) my life.

【解答】
(1)in 範囲
(2)in 範囲
(3)of 所属集団
(4)of

(4)はin my lifeでも間違っていません。
ただ、嬉しい日、悲しい日、楽しい日などいろいろな日があり、それが集まってmy lifeができていて、その中で競い合った場合に、今日という日が一番悲しいというニュアンスです。
これは一種の表現的な感じで、時間に関する最上級の表現は、時間を入れ物としての範囲と考えず、その中身を意識するためofを使う傾向にあります。
car of the yearなどもその一種ですね。

使い分けのポイントは、inは入れ物、ofは競い合うトーナメントの相手のイメージですよ!

初心者からのマンツーマン旅行英会話レッスン

人気記事ランキング

最新のコラム

初心者から日本人講師と始めるマンツーマン英会話レッスン
英会話が苦手な初心者の方向けのメルマガ書いてます♪
英会話コラムのメールマガジン登録はこちら とにかく「英語は苦手!でも英会話にチャレンジしてみたい」という初心者の方に知っておいてほしい厳選情報を3日毎に配信しております。
※ サンプルのメール文章はこちら
※ 不要な場合はワンクリックで解除できます