レベルにあった英語学習法-私の体験から~その2

目次

私がおこなったディクテーションの方法をご紹介します。
当時はCDがなかったのでカセットテープになっていますが、
みなさんはCDだと思ってください。
(いつの時代の人間なんだろう。
恥ずかしいですが年が分かってしまいますね……トホホ。)

1)カセットテープ(今はCDですね!)を聞く。

まずは、1度だけ全体を聞いて内容を把握する。

2)再度テープを聞いて、ノートに聞こえたままを書いていく。

区切りの良いところで止めて、再度聞くの繰り返しで書き取る。
このとき、スペリングが分からないときはカタカナで書いたり、
適当なスペリングでも良い。

3)再度テープを聞いて、ノートに書いたものに付け加えたり修正したりする。

2度目の方が聞き取れることも多い。

4)自分で書いたものと教材のスクリプトとを照合する。

赤ペンで修正していく。

5)テープを聞きながら修正されたものを見直す。

自分がどの音を聞き取れなかったのかをチェックする。

ここまでが、ディクテーションのやり方ですが、
これで終わりにしてはいけません。

ディクテーションをして慣れた英文を、
テープを聞いて音を確認しながらスクリプトを見て
声を出してリーディングします。
これは、何度も行います。
見なくても言えるようになるくらいまでしつこく音読します。
この「しつこさ」が大切です。

ここで、教材を買うときの注意です。
たくさんの教材を買うよりも、
自分のレベルにあったものを購入しましょう。

7~8割くらいは理解できるものが理想的です。
分かっているつもりでも、案外口からするすると出てこないことが多いです。

もう一つ大切なことがあります。
たくさんの教材を買うのではなく、1冊をとことん使い果たしましょう。
本屋さんへ行くと
「この教材を買ったらきっと自分のスキルアップに効果がある!」と
思わせるようなものが山ほどあります。
心を鬼にして、1冊を「しつこく」暗記するまでやってみてください。

この方法は、結果的に日本人の不得意な
「リスニング」や「スピーキング」の力もぐっと上げてくれます!
Good Luck!

人気記事ランキング

最新のコラム

初心者から日本人講師と始めるマンツーマン英会話レッスン
英会話が苦手な初心者の方向けのメルマガ書いてます♪
英会話コラムのメールマガジン登録はこちら とにかく「英語は苦手!でも英会話にチャレンジしてみたい」という初心者の方に知っておいてほしい厳選情報を3日毎に配信しております。
※ サンプルのメール文章はこちら
※ 不要な場合はワンクリックで解除できます