of course の使い方に気をつけよう

of courseを「もちろん」という意味だけでとらえていませんか?
確かに、「もちろん」という意味で使うこともあります。
たとえば次のような文です。

Of course age has nothing to do with love.
「もちろん、愛に年齢は関係ありません。」

Of course I can understand you.
「もちろん、私はあなたのことを理解できます」

では、次のような場合は如何でしょうか。

A: I couldn’t sleep last night.

B: Are you sleepy?

A: Of course I’m very sleepy!

これを訳してみます。

A:昨夜は眠れなかった。

B:あなたは眠いですか?

A:眠いに決まっているでしょ!

という感じです。
つまり、相手の発言に対してこのOf courseを使うと、
「あたりまえでしょ」とか
「わかりきったことを言わないで」という感じに取られてしまいます。

日本人は、of course=「もちろん」としかとらえていないので、
少し注意が必要です。

A: Did you make this meal?

B: Of course!

これを訳します。

A:この食事はあなたが作ったのですか?

B:そんなの当たり前です!

となります。
「食事を作ったのは私以外の誰でもないでしょ!
そんなことも分からないのですか?」のような受け答えになりかねません。
このようなときは、素直に Yes, I did. としておきましょう。

次のような場面も見てください。

B: I have to go to the city office now.

A: It’s Sunday today.

So the city office is closed.

B: Oh, of course!

訳を見てみましょう。

A:今から市役所へ行かなきゃならないんだ。

B:今日は日曜よ。

だから市役所はお休みね。

A:あっそうだった!

という風にも of courseは使われます。
ここでは、自分が気づかなかったことを相手が言ってくれたときに、
「あっそうか」「そうですね」と言いたいときに使えます。
上記の例文では、「あっそうか、何て自分は馬鹿なんだろう」という意味合いも含んでいます。
また、何か忘れていたことを急に思い出したときにも
「あっそうそう」「そうだった」と言いたいときも使えます。

あなたはやたらと、of courseを使っていませんでしたか?
日本人の「of course神話」は相手に勘違いを起こさせる原因にもなりますので、
気をつけたいものです。

of courseだけを例に取ってみてもいろいろな解釈の仕方があります。
なので、単語や慣用句を覚えるときは、1つの意味だけではなくて、
その単語の周辺の知識も知っておいた方が良いですね。
それには、「例文をたくさん声に出して読んでみる」ことが非常に大切です。

人気の英会話コラムをメールマガジンで購読できます

たくさんある英会話コラムの中から選りすぐりの人気コラムをメールマガジンで毎日1つずつ配信します! ※ 不要な場合はワンクリックで解除できます