アーカイブ: 英会話コラム

英語で「トイレはどこですか?」トイレにまつわるいろいろな英語表現

外出先で、「トイレ」へ行きたくなることはよくありますね。 あなたは、「トイレ」へ行きたくなったときに、どのように言いますか? もし、トイレの場所が分からなかったらどのように聞きますか?   「トイレはどこですか?」 さあ、何て言ったら良いのでしょうか? ここで、次に…

英語の「sport」は「娯楽」「気晴らし」という意味です

Do you do any sports? あなたは何かスポーツをしていますか?   と、聞かれたとき、どんな風に答えますか? テニスや卓球、水泳、スキー、サッカー、野球……などたくさんのスポーツがありますが、 私たちが、「スポーツ」と言う言葉を聞いたときに連想す…

「アルバイト」は英語ではない!「正社員」「派遣社員」・・・を英語で。

日本では、働く形態が様々です。 単なる「社員」という言い方ではなく、「正社員」「契約社員」「派遣社員」など、 「○○社員」と「社員」の前に何かを付ける言い方が普通になってしまいました。 このような言い方は以前はありませんでした。 これも社会の流れから生まれた日本独特のものなのでしょう。 …

ラジオが無くても「ラジオ英会話」が聴ける!

最近私がはまっているものに、インターネットで聞く 「NHKラジオ・らじる★らじる」と「NHK WORLD」です。 「NHKラジオ・らじる★らじる」は、 その日に放送しているラジオ番組をそのまま聴くことができます。   「NHKラジオ・らじる★らじる」は、 「ラジオ第1」…

セレブ、グラマー、エレガントの本当の意味は?

「グラマーな女性」というと、どんな女性を思い浮かべますか? 「グラマー」はglamourと書きます。 ちょっと難しい綴りですね。 このlをrの音にすると、grammar「文法」という意味になります。 今回は、glamourについてのお話しです。 glamou…

歯が抜けたときのアメリカの風習

子供の頃、誰もが経験する乳歯から永久歯への生え替わり。 小さな子たちがニーっと笑うと前歯が抜けていてすき間が空いているのを見ると、 かわいくてつい笑ってしまいます。 ところで、あなたは歯が抜けたとき、その抜けた歯をどうしましたか? 私の場合は、下の歯が抜けたときは、屋根の上めがけ…

of course の使い方に気をつけよう

of courseを「もちろん」という意味だけでとらえていませんか? 確かに、「もちろん」という意味で使うこともあります。 たとえば次のような文です。 Of course age has nothing to do with love. 「もちろん、愛に年齢は関係ありません。」 …

「鼻が高い・低い」は英語圏の人はあまり気にしません

古代ローマの主人公が日本へワープしてしまうあの映画、 「テルマエロマエ」をご覧になりましたか? 彼がしょっちゅう言う台詞に、「平らの顔族」があります。 確かに、日本人は、世界でも有数の「平らの顔族」かもしれません。 私もその代表格です。 欧米の人たちは鼻が高くて、彫りが深いです…

英語上達の近道が「文法」です

英語が話せるようになるためには、いろいろな方法があると思います。 とっさの一言をたくさん覚えたり、 一生懸命CDを聞きまくったりと……。 ちょっと待ってください! ネイティブの子供たちは、英語漬けの生活を12~14年間くらい続けて、 やっとしっかり話せるようになるのです。 ほ…

dietは「ダイエット」?「国会」?どうして同じ単語なの?

ダイエットdietと言えば、 「ダイエットする」「食事制限をする」という意味をすぐに思い浮かべると思います。 もちろん、その意味もあります。 「私はダイエット中です」は I'm on a diet. と言います。 on a diet「オンナダイエット」だけど、 男性にも使…