アーカイブ: 英会話コラム

of course の使い方に気をつけよう

of courseを「もちろん」という意味だけでとらえていませんか? 確かに、「もちろん」という意味で使うこともあります。 たとえば次のような文です。 Of course age has nothing to do with love. 「もちろん、愛に年齢は関係ありません。」 …

「鼻が高い・低い」は英語圏の人はあまり気にしません

古代ローマの主人公が日本へワープしてしまうあの映画、 「テルマエロマエ」をご覧になりましたか? 彼がしょっちゅう言う台詞に、「平らの顔族」があります。 確かに、日本人は、世界でも有数の「平らの顔族」かもしれません。 私もその代表格です。 欧米の人たちは鼻が高くて、彫りが深いです…

英語上達の近道が「文法」です

英語が話せるようになるためには、いろいろな方法があると思います。 とっさの一言をたくさん覚えたり、 一生懸命CDを聞きまくったりと……。 ちょっと待ってください! ネイティブの子供たちは、英語漬けの生活を12~14年間くらい続けて、 やっとしっかり話せるようになるのです。 ほ…

dietは「ダイエット」?「国会」?どうして同じ単語なの?

ダイエットdietと言えば、 「ダイエットする」「食事制限をする」という意味をすぐに思い浮かべると思います。 もちろん、その意味もあります。 「私はダイエット中です」は I'm on a diet. と言います。 on a diet「オンナダイエット」だけど、 男性にも使…

「ナイーブ(naive)な人」英語での使い方に要注意

日本語に定着したカタカナ英語の中には、 本来の意味とは全く別の意味に解釈されてしまうことが多いですね。 たとえば、あなたは「ナイーブな人ね」と言われたら、 どんな気持ちになりますか? もしかしたら、「繊細な人ね」と言われたような気がして、 喜んでしまいますか? 日…

夢をかなえる方法「英語で新月の宣言をする」

あなたが今持っている「目標」や「願望」は何ですか? それを叶えるための一つの手段として、 「新月」に自分の思っていることを書き記してみる、 という方法があります。 そのやり方を記します。 *新月に入った瞬間から8時間以内に願い事リストを作る。 48時間以内有効…

英語おもしろ俗説:カンガルーとハイジャック

オーストラリアへ行ったことはありますか? オーストラリアの動物と言えば、「カンガルー」を思い浮かべます。 英語ではKangarooですね。 この動物が最初から「カンガルー」と呼ばれていたわけではなかった、 と言う説があります。 時は1770年、イギリスの有名な探検家、 キャプ…

ラテン語由来の英単語クイズ&「イオン=AEON」の意味

「イオン」のAEONは、 大手スーパーマーケットや英会話スクールの名前にもなっていますが、 以前からこの意味が気になっていた、 という方も多いのではないでしょうか。 AEONはラテン語で 「無限」「永劫」「永遠」を表します。 企業名にするにはとても良い意味合いを持って…

「ログイン」「ブラウザー」:コンピューター英語の由来

今回は私の苦手なコンピュータ用語についてのお話しです。 「マイページにログインしてください」 今や、このような表現は当たり前のように使われています。 log inはネットワーク上のシステムに 「ログインする」ことですね。 でも、なぜlogが使われているのか、 不思議で…

「白黒」は英語では「black and white」逆です!

私たちは、何かをはっきりさせたいときに、 「白黒させる」と言う言い方をしますね。 この「白黒」を英語にすると、 「black and white」で「黒と白」で、 日本語とは逆になります。 略してB&W 等と言います。 このように、日本語と英語では同じ内容のことでも、 言葉の順…