間違えやすい英語:高所恐怖症「~症」の訳に注意

「私、高所恐怖症なんです」と
高いところが苦手な人なら誰でも口にしますが、

辞書を使って「高所恐怖症」を調べると、
acrophobia とでてきます。
他にも
the list of phobia で「~恐怖症」がずらーっと載っています。

http://en.wikipedia.org/wiki/List_of_phobias

以前、造園仲間にAlektorophobia(鶏恐怖症)の女性がいました。。
見るのも、鳴き声をきくのも、
気配を感じるのも(?)嫌といっていました・・・

ただし、注意してほしいのは、
ここにある単語はすべて「学術用語」です。

日本語だと、高いところが苦手=高所で起きる
精神疾患、という単語を普通に使いますが、
英語では「高いところが、怖いんだ」というほうが普通です。

普通、というのはたとえば
「I’m suffering from acrophobia」(高所恐怖症で苦しんでいるんです)
といっても「高いところがダメ」なのは伝わります。
が深刻な感じがします。

本当の「高所恐怖症」は高いところを考えただけでも
パニック症状に陥ったり、
手足が震えてしまうらしいです。

かわりに

“I’m scared of ~”
“I’m afraid of ~”

を使いましょう

自分に関しては ” I’m afraid of frogs.” です。

人気の英会話コラムをメールマガジンで購読できます

たくさんある英会話コラムの中から選りすぐりの人気コラムをメールマガジンで毎日1つずつ配信します! ※ 不要な場合はワンクリックで解除できます