カタカナ発音をネイティブ式に変える方法

初心者から始めるマンツーマン英会話レッスン

英会話ビギン講師、新宿エリアのタカシです。

あなたの英語の発声を
「日本語式から、ネイティブ式に変える方法」
というのがあります。

まず最初に、日本語の発声なのですが、
これは主に「胸式呼吸」が中心となっています。

わかりやすくいうと、
息を吸い込むときに胸が膨らんだり、
思い切り走った後に肩でするようなタイプの呼吸です。

ところが、英語の発声では、日本語と違って
「腹式呼吸」が中心になっています。

この呼吸法の違いにより、
私たちの発声と
いわゆるネイティブの発声には違いがでてきます。

なので、私たちも「腹式呼吸」を
身につければよいということになるのですが、
では、日本語には全く腹式呼吸がないのかというと、
実は日本語を話している私たちも、
腹式呼吸になっている瞬間が2つあるのです。
ひとつは、「横になっているとき(寝ているとき)」です。

実際に仰向けに寝てみて、
お腹に手を当ててみるとわかりますが、
空気を吸い込むとおなかの部分が自然に膨らみます。

そして、もう一つは私たちが
「ささやき声」で話すときです。

音声学的には、のどの声帯をほとんど使用しないために、
自然と腹式呼吸になります。
(のどに手をあててささやてみてください。
声帯の振動が感じられないはずです。)

ですので、今度から英語の音読に取り組む際には、
「強めのささやき声」で音読する練習を
たまにしてみてください。

慣れるまではおそらく数分で疲れてしまうかもしれませんが、
これを続けていくと、
かなりしっかりとした腹式呼吸を身につけることができます。
これは実証済みです。

実際、「ささやき声」に疲れたころに、
普通の声で読んでみると、
いつもよりもしっかりした声で
すっと読めることがあると思います。
それが腹式呼吸のまま声帯を使って話せた瞬間なので、
繰り返し練習していくうちに必ずコツがつかめるはずです。

発声も本格的になると、音読も楽しくなります。
みなさんもぜひ挑戦してみてください!