「ほとんど~ない」「めったに~ない」はnotを付けずに表現できる

「~ない」と言いたいときにはnotを付けて表現することを学習しますね。
ところが、notを使わなくても表現する方法があるのです。

「ほとんど~ない」=hardly の使い方

「ほとんど~ない」を表す単語には、hardlyがあります。
hardlyはこれだけで、「~ない」という意味合いも持っています。
なので、notは使いません。たとえば次のように使います。

「私はほとんど風をひきません。」
I hardly get cold.
「ほとんど見えません。」
I can hardly see it.
「勉強する時間がほとんど取れない」
I can hardly find time to study.

hardlyの他に、scarcely、seldomも同じ使い方をします。

「彼の言うことがほとんど聞こえません。」
I can scarcely hear him.
「この部屋は、ほとんど使われていません。」
This room is scarcely used.
「私はめったに外出しません。」
I seldom go out.
「去る者日々に疎し。(ことわざ)→めったに会わないとすぐに忘れられてしまう。」
Seldom seen, soon forgotten.
「彼は、めったに家で食事をしない。」
He seldom eats at home.

「めったに~ない」=rarelyの使い方

「めったに~ない」という意味の言葉には、rarelyという単語があります。

「私はめったに彼に会いません。」
I rarely see her.
「彼女はめったに感情を表しません。」
She rarely let her feelings show.
「彼女はめったにミスをしません。」
She rarely makes a mistake.

このように、同じような意味を表す単語がいくつか登場しましたが、
それぞれの意味にはほとんと違いがないととらえて良いと思います。
以下に、Longman Dictionaryにある意味を書きます。

hardly: almost not
(ほとんど~ない)

scarcely: almost not or almost none at all
(ほとんど~ない、ほとんど全く~ない)

seldom: very rarely or almost never
(非常にまれに、ほとんど全く~ない)

rarely: not often
(あまり~ない)

ということなので、意味としては区別しなくても良さそうです。
この中では、hardlyが使われることが多いようです。

私たち日本人にとっては「~ない」と言いたいのだから、notを使いたくなるところですが、
そこを我慢して使わないようにしないと、間違いやすいですね。

つまり、hardly、scarcely、seldom、rarelyは「not」と否定する一歩手前の意味を持っています。

「私はそのことを知りません。」だと
I don’t know about it.

ですが、「私はそのことをほとんど知りません。」は、
I hardly know about it.

となります。

そして、「私はそのことを全く知りません。」は、
I don’t know about it at all.
のように at allを付けます。

このように、ある事柄の程度を表す時の表現方法を覚えておくと
言いたい内容が的確に言えることもありますね。

人気記事ランキング

最新のコラム

初心者から日本人講師と始めるマンツーマン英会話レッスン
英会話が苦手な初心者の方向けのメルマガ書いてます♪
英会話コラムのメールマガジン登録はこちら とにかく「英語は苦手!でも英会話にチャレンジしてみたい」という初心者の方に知っておいてほしい厳選情報を3日毎に配信しております。
※ サンプルのメール文章はこちら
※ 不要な場合はワンクリックで解除できます