間違えやすい英語:small と little の違いは?

目次

英会話ビギン講師、北千住エリアのユキです。

前回は、「big と large の違い」について解説をしましたが、
今日は、「small と little の違い」についてです。

これも「大きい」と同様、
入れ替え可能な場合が多いものの

small…客観的、物理的
little…主観的、感情的

物語にでてくる a little princess なんかは 
a small princess になったとたん
かわいらしさ半減します(笑) 
ただ、サイズがちっちゃい!

ペット飼ってる人はlittleを使うと、
かわいらしさ、愛情がUPします!
サイズについて客観的に話すなら
my dog is smallで OK. 

自分のかわいい(小さな)犬がどーのこーの、って文章なら
my little dog ~がいいかも

いくつか並べて比べてみてください。

a small house
⇒サイズが小さい家。普通のうちより小さい。 

a little house
⇒話手の感情的ニュアンスつきで小さい家

Do you speak English?
– A little.
⇒(少しね。---完全自己判断です) 

人気記事ランキング

最新のコラム

初心者から日本人講師と始めるマンツーマン英会話レッスン
英会話が苦手な初心者の方向けのメルマガ書いてます♪
英会話コラムのメールマガジン登録はこちら とにかく「英語は苦手!でも英会話にチャレンジしてみたい」という初心者の方に知っておいてほしい厳選情報を3日毎に配信しております。
※ サンプルのメール文章はこちら
※ 不要な場合はワンクリックで解除できます