smoke-free はたばこを吸っても良いの?悪いの?

ある生徒さんが、アメリカへ行ったときのことです。

その方はたばこを吸う方です。
アメリカも日本と同じでたばこを吸う場所が限られています。
たばこを吸う場所を探していたところ、次のような看板を見かけました。

Smoke-Free

彼はたばこを吸っても大丈夫と思ったようです。
おまけに、近くには灰皿も置いてありました。

そこで、たばこに火を付けようとしたところ、

‘No!’

としかられてしまったそうです。

では、freeの意味を見てみましょう。

「自由な」「無料の」「暇な」という意味があります。

ところが、単語の後ろに連結語として-freeのように表記する場合は、
-freeは「~のない」「~が含まれていない」という意味になります。

つまり、smoke-freeは「たばこの煙が無い」という意味になり、
そこではたばこを吸うことはできません。

よく聞く身近なものでは、次のようなものがあります。

tax-free (duty-free)「免税の」「非課税の」

barrier-free「バリアフリー」「障害物がない」

admission-free「入場無料」

alcohol-free「ノンアルコール」

charge-free「無料」

freeが前に付くのと後ろに付くのとでは、
全く逆の意味になってしまうのですね。

まだまだあります。

salt-free「塩を加えない」

a vehicle-free promenade「歩行者天国」 
vehicleは「乗り物」、
promenadeは「プロムナード」「散歩道」です。
つまり、「乗り物のない散歩道」ですね。

では、「フリーター」という言葉について考えてみましょう。

常勤ではなく、アルバイトで生活している人のことですが、
これに相当する英語は、freeterとは言いません。
これは、和製英語なので使わないようにしましょう。

「フリーター」を英語で言うと、
part-time jobber(worker) がそれに当たるでしょう。
「パートタームで働く人」ですね。

日本では「アルバイト」と「パートタイム」を分けていますが、
英語にするとどちらもpart-time job となります。
「アルバイト」はドイツ語です。
日本では、「アルバイト」と「パートタイム」では労働基準が違うようですが、
私にはよく分かりません。

「フリーダイヤル」も和製英語です。
「無料通話番号」としたいのであれば、toll-free numberとすべきでしょう。
tollは、「料金」のことです。

アメリカではこの「フリーダイヤル」のことを、
800 numbersとも言うようです。

人気の英会話コラムをメールマガジンで購読できます

たくさんある英会話コラムの中から選りすぐりの人気コラムをメールマガジンで毎日1つずつ配信します! ※ 不要な場合はワンクリックで解除できます