ちょっと下品な言葉だけど、よく聞く英語のあの言葉。

初心者から始めるマンツーマン英会話レッスン

映画を観ていると、あまり学校では習わなかった言葉を耳にすることがよくあります。

「エイリアン」という映画を観ていたとき、ちょっと柄の悪い男二人が、
お互いに、言い合っていました。

その中に、

「サナバビッチ」と何度も言い合っていました。

これは、何だと思いますか?

これは、son of a bitchと言っていたのです。
でも、これって一体どんな意味なのでしょうか?
実は、これは俗語で「くそっ!」「ちくしょう」「ちぇ!」
のような、下品なののしりの言葉なのです。

bitchは、「雌犬」「オオカミや狐などの雌」という意味の他に、
「意地悪な女」や「くそばばあ」という意味もあります。
ここで、この様に文字として書くこと自体がはばかれますが……。

似たような意味の言葉には、
shitやfuckなどもあります。
みなさんも、このような言葉は映画で聞いた覚えがあるのではないでしょうか。

これらの言葉は、four-letter word「4文字語」と言われています。
汚い言葉やみだらな言葉の多くが4文字でできているからです。
この様な言葉はできれば、使わない方が良さそうな言葉です。

Don’t use four-letter words.

「汚い言葉を使ってはいけません。」

その通りなのですが、映画ではよく登場するのも事実です。

Shut up! (シャラップ)

「黙れ!」「うるさい!」「やかましい!」

も、映画ではよく出てきますね。

英会話のレッスン中には決して使わない言葉です。

普通、静かにして欲しいときは、

Please be quiet.

「静かにしてください。」

を使いますね。

下品な言葉(dirty words)は、教科書には出てきませんが、
映画や小説にはよく出てきます。

確か、サリンジャーの「ライ麦畑で捕まえて」( The Catcher in the Rye)の中にも
ちょっと下品な若者言葉がいくつも登場していたと思います。

英語で映画を観て理解することは、少し難しいかもしれませんが、
このような「変な言葉」も発見できて面白いです。