TOEICリスニングを大幅UPする方法

目次

英会話ビギン講師、田園都市線エリアのユキコです。

TOEICのリスニングスコアをアップする
実証済みの勉強法です。
以下のエクササイズを繰り返し行ってくださいね。

■シャドウイング

⇒英文が聞こえてきたら、
文節(区切れ)でCDを止め、
すかさず聞こえてきたものをリピートする。
この時、スクリプトを見ずに
聞こえてきた音声そのままに
リピートするのがポイント

■オーバーラッピング

⇒英文を流し、スクリプトを見ながら
音声にかぶせて同時に発音する。

では、TOEICの問題集を使ってできる、
具体的な勉強法についてご紹介します。

Part I (写真描写)

(1) 写真を見て、聞こえてきそうな英文を作る(想像する)

(2) 問題を解く

(3) 英文を聞き、シャドウイングをする

(4) オーバーラッピングをする

(5) 知らなかった単語、熟語を単語帳にまとめ、反復して覚える。

Part II (応答問題)

(1) 問いかけを聞いて、答えを想像する。

(2) 問題を解く

(3) 単語、熟語を確認

(4) Part Iの③~⑤ をする

Part III (会話問題)

(1) CDを流す前に問題を見て
  (混乱するのでこの時、選択肢は見ない)
  これからどんな会話を聞くか、想像する

(2) 問題を解く

(3) 答え合わせの前にどんな会話だったか
  流れをできる限り思いだそうとする。

(4) 答え合わせをし、スクリプトを見ながら
  会話文の答えのヒントとなっているところに
  アンダーラインをする。

(5) 単語熟語を確認して、もう一度解き直しをする。
  (この時、余裕が出てくるので、英語特有のイントネーション
  会話の調子を楽しみ、場面を想像しながら、聞く)

Part IV

Part IIIと同じ

以上の手順を、

TOEIC 初心者 = 1題ごとに
TOEIC 中級者 = 数題ごとに
TOEIC 上級者 = Partごとに

すると効果的です。

そして、上記の練習とは別に、時々、
通しで、各パートを一気に解く練習をします。

上にご紹介した練習法が効果的なのには、
理由があります。

■理論的背景:リスニングのメカニズム■

人間は

■Top- Down skill
(全体の意味から細部を想像しながら
 聞こえてきたものを理解する)

■Bottom-Up skill
(音声の細部=一つ一つの音を聞き取ることにより、理解する。)

という二つの能力を駆使しながら、あるいは
二つの能力を相互に刺激しあいながら、
聞こえてきた音声を理解するのです。

上の練習で、聞こえてきそうな英文を想像したり、
どんな英文を聞いたか思い出そうとしたり、というのは

■Top-Down skill を刺激

単語熟語を確認して聞き直しをしたりするのは

■Bottom-Up skill を刺激

しています。

実際に問題を解く時も、この二つの
skill を使っている、と意識してください。

つまり、個々の音を聞き取ろうとしつつ、
聞き逃したときは、焦らず、全体の意味が
アバウトにつかめればいいや、と開き直る、
という2点を、頭に置いておく、ということです。

「戦略がわかれば、越えられない山はなし」

自分自身の目標としているスコア目指して
頑張りましょう。

人気記事ランキング

最新のコラム

初心者から日本人講師と始めるマンツーマン英会話レッスン
英会話が苦手な初心者の方向けのメルマガ書いてます♪
英会話コラムのメールマガジン登録はこちら とにかく「英語は苦手!でも英会話にチャレンジしてみたい」という初心者の方に知っておいてほしい厳選情報を3日毎に配信しております。
※ サンプルのメール文章はこちら
※ 不要な場合はワンクリックで解除できます