【間違いやすい英語】watch、see、lookの違い

watch、see、lookはどれも「見る」という意味がありますね。
ところが、使い方にはそれぞれ違いがあります。

Watch:意識して~をじっと見る

まず、【watch】から。

【watch】は『意識して~をじっと見る』『観察する』という意味があります。

「私は毎日3時間くらいテレビを見ます。」
I watch TV for about three hours every day.

この様にテレビのようにじっと見るものはwatchを使います。
また、watchには『~に気をつける『~に注意する』という意味もあります。

「車に気をつけてね」
Watch out for cars.

特に動きのある物を注意して見るときはwatchを使います。

See:見える、目に入ってくる、理解する

次は【see】です。

見える、目に入ってくる

【see】は『見える』『目に入ってくる』という意味です。
つまり、じっくり見るのではなく、自然に目に入る状態です。

「そこできれいな景色を見ることができます」
We can see a beautiful scene there.

映画館で映画を見る場合もseeを使います。

「私は1週間で3本の映画を見ます。」
I see no less than three movies in a week.

映画に関しては、「じっと見る」という意味では、
watchを使うこともできます。

seeには『~に会う』という意味もあります。

「彼に昨日会いました。」
I saw him yesterday.

理解する

もう一つ、seeには『理解する』という意味もありますね。

「私の言っていることがわかりますか?」
Do you see what I’m saying?

Look:目を向ける、見る

最後に【look】です。
【look】の基本的な意味は『目を向ける』『見る』で、
日本語で考えるとwatchやseeとの違いがわかりませんね。

では、例文で見てみましょう。

「ホワイトボードを見てください」
Look at the whiteboard.
「彼女は彼を真剣に見つめた。」
She looked at him seriously.

watchと少し似ていますが、lookの方は動かない物を見る感じです。

まとめ

watch しっかり意識して注視する時に使う。
特に、見ている物が動いたり変化したりするとき。
see 視界に自然に入ってくるものを見るときに使う。
広い場所で景色などを見るとき。
look (at) 何かを意識的に見ようとするときに使う。
どちらかというと、静止しているものを見るとき。

こんなときはどうする?

次のような時はどの動詞を使いますか?

【問題】「サッカーの試合を見るのはわくわくする」

この場合は、サッカーをじっくり見ている感じがします。

では、次のようなときはどの動詞を使いますか?

【問題】「サッカーの試合を見に行こう」

こうすると、広いグラウンドの観客席で遠くから見る感じです。

つまり、どのように見るのかで使う動詞を変えれば良いのです。

人気記事ランキング

最新のコラム

初心者から日本人講師と始めるマンツーマン英会話レッスン
英会話が苦手な初心者の方向けのメルマガ書いてます♪
英会話コラムのメールマガジン登録はこちら とにかく「英語は苦手!でも英会話にチャレンジしてみたい」という初心者の方に知っておいてほしい厳選情報を3日毎に配信しております。
※ サンプルのメール文章はこちら
※ 不要な場合はワンクリックで解除できます