まさみ先生

※新しい生徒様の受け入れを中断しております。別の講師を検索できます。
まさみ先生
英語の仕組みを理解する上で重要な文法の学習を中心に脳と口に本能的に覚えられるプランで実際に使える英語をお教えいたします。
指導可能クラス 日常英会話、旅行英会話、駐在用英会話、文法、英検 など

Q:講師をはじめたきっかけについてお聞かせ下さい。

私は幼少の頃にアメリカに在住していたお陰で、中学に上がった頃から英語が大好きでした。しかし、学校で習う英語は私がそれまで普段使っていたものとは少し違っていました。ある日、学校で習う英語の授業の中で気づいたのです。「自分が何気なく使っていた英語は、こういう仕組みで、こういう文法に則って使われていたんだ」、と目からうろこ状態でした!それからは英語が益々好きになって英語学習に精進しました。その経験を生かして学生時代は中学生、高校生にも英語を教えてきました。今は中学生の息子にも英語の楽しさを理解してもらいたくて奮闘中です! また結婚後は主人の仕事の都合でオランダにも在住し、オランダで娘も出産しました。向こうで子育てを経験し、普段は使わない病気や予防接種などの英単語、幼稚園や小学校での現地の先生たちとのコミュニケーションなどそれまで英語に慣れ親しんできた私でも経験したことのない英語の世界がそこにはありました。これから海外で生活をされる方々にも私のそのような経験が生かせる場があればいいなと思いました。 英語をひとつのツールです。でも色々な国の人たちとコミュニケーションを図るためには英語は必要不可欠なツールです。一人でも多くの方々に目からうろこ!を体験していただきたくて講師になりました。

Q:どんなレッスンをされていますか?

英会話の授業なので、目標はとにかく「話せるようになること!」です。生徒さんのご要望を伺ってから(日常英会話、旅行英会話、駐在用英会話、試験対策用英語など)長期プランは立てたいと思っていますが、基本的には次のようなプランで授業を進めていきます。
①最初の10分:日常会話を英語で行います。お天気から始まって、その週にあった出来事、読んだ本についての感想、普段の生活の中で起こった出来事・・・取り上げるテーマは何でもいいのです。日常生活の中に話の種を見つけて日本語と同じ感覚で話してみましょう。
②その後の10分:最初の10分の会話の中で出てきた単語・文法・構文・言い回しの整理を行います。また前の週のレッスンの復習もここで行います。
③その後の20分:「今日のレッスンで絶対に覚えてもらいたい重要文」の練習を文法的に説明します。(テキスト、プリント使用)それを踏まえたうえで、その重要文を実際に用いた対話を一緒に行います。重要文が実際にどのように使われているかを実感して頂きます。頭と口で本能的に覚えてしまいましょう!
④最後の10分:本日のレッスンでの質問・疑問点を伺います。また、簡単なホームワークを出させていただいて知識の定着を図ります。

Q:これまで教えた経験の中で一番印象に残った出来事は?

それまではただ単語を並べて意思疎通を図ろうとしていた方が、文法の仕組みを理解されて、ちゃんとした文章で英語が話せた、と喜んでいらした姿を見れたのが嬉しかったです。

Q:レッスンで心がけていることはありますか?

英語は「言語」です。読む、書く、聞く、話すができて初めて「英語」として成り立つのです。英語の仕組みを理解する上で文法は大変重要です。文法を理解した上で、語彙力を増やしていけば必ず英語は上達します。
レッスンでは、骨組みと成る文法を中心に進めていきます。 そして次に大事なのはそれを実際に口に出してみることです。頭と口で脳に覚えさせてしまうのです。外人講師の方とは違う日本人バイリンガル!ならではの、日本人にも分かりやすく説明できる特典を生かして発音も覚えていただけたら、と思っています。 英語って、こんなに単純で簡単だったんだ!と感じて頂いて、とにかく楽しく英語に取り組んで頂けたらと思っています。

Q:講師をしていてよかったなと思うことはなんですか?

一人でも多くの方が英語に取り組んで、自信を持って英語を話していらっしゃる姿を多く見れた時です。

Q:ご自身はどうやって英語を身につけたのですか?

幼少の頃にアメリカに3年ほど住んでおり、現地校でどっぷり英語に漬からされました。周囲には殆ど日本人がおらず、当時は全く日本語が話せないほどでした。そこで発音は身に染み込ませました。(笑) ただ当時アメリカに居たのは幼稚園、小学校低学年だったので、使用する英語の質も日常会話程度でした。帰国後は、英語教育に熱心な中高一貫校で学び、いわゆる「日本の英語」もしっかり勉強しました。ここで大人の質の英語も習得できたと思います。これによって、私は「英語も、日本語も」、両方理解できるようになったと思っています。 その後は一年に1,2回海外に行って実際に現地で生活して英語を使う機会を持つようにしていました。また、日本にいても英語に触れられる機会はいくらでもあるので、できるだけ触れる機会を多く持つようにしていました。
す。

Q:英会話上達のコツがあれば教えてください。

とにかく文法を理解して、声に出して言ってみることです。頭と口で覚えてしまうのです。そしてできたら、書いてみることです。ここで手にも覚えさせてしまえたら、完璧です! 実際に使ってみる、習うより慣れろ!が大事です。

Q:これから英会話をはじめようと思っている生徒さんへ一言!

英語はコミュニケーションをする上で、あくまでもひとつのツールでしかありません。でもそのツールを手に入れられたら世界はとっても広がります。これからの国際化の社会の中で羽ばたいて楽しく生活できるようになるためにも一緒に英語が話せるように頑張りましょう!

※新しい生徒様の受け入れを中断しております。別の講師を検索できます。