英語やっててヨカッタ!の積み重ねと上達の関係

こんにちは、英会話ビギンの加藤です。

生徒さんの上達は、講師にとってかけがえのない喜びです。

ですが、英語は右肩上がりに伸びていくものではなく、
伸びる時期→少し停滞しているように見える時期(プラトーと言います)
→そして、そこを乗り越えて、また上達を実感する時期・・・と
階段状に伸びていくのが特徴です。

少し停滞をしているプラトーの時期は
英語学習をしていれば誰にでも訪れるもの。
長さ・深さは人それぞれですが、
「何をやってもあんまり上達を実感できない」
「あんまり上達しなくて先生に申し訳ない」
と、マイナスな気持ちになってしまうことは
どの生徒さんにも起こります。

そんなときに、精神的なサポートができるのが
日本人講師の大事な役割だとビギンでは考えています。
そこで、学習の節目節目に「カウンセリング」という形で
生徒様の心の声を聞き、不安を共有し、
今後の学習プランを一緒に考えていく時間を大切にしています。

年始は生徒様も講師も気分新たに
今年の英語学習を見つめる良い機会です。
New Year’s Resolutionという形で新しい目標を設定したり
昨年の英語学習を振り返ったり、という時間を通して
生徒様と講師が、また新しいスタートをきっています。

ビギン講師のひざわ先生も、生徒様とのカウンセリングを行った先生のお1人。
そのご報告をくださいました。

=============================================

新年の初レッスンで、new year resolutionをトピックにカジュアルなカウンセリングのような事を行いました。
海外旅行前に行った買物、レストランでのロールプレイが効を奏して
「今回は単語の羅列では無くて文章で話せました!」と報告を下さった方。
セリフ暗記型のダイアログの裏付けとしての文法理解の大切さを感じて下さったようです。
また「英検を受験しようと思います。目標が無いとモチベーションも落ちてしまうので…」と準2級を目指す事にした方。

「こんなに一生懸命教えてくれているのにあんまり上達しなくて申し訳無い」
と言うような言葉を発していた生徒さんが、
「そんな事全然ないですよ!では2年前のご自身を思い出してみましょう」と言う所から始め、
比べて今現在普通に出来ている事を挙げてみましょう、と言う流れでお話しをしました。
もちろん沢山挙がりました。挨拶始め、フリートークのレベルアップ、あいづちが打てる事、
テキストの音読が数倍速くなった事、ボキャブラリー力などなど、、、

またナイスタイミングで海外旅行にもその後出かけられ、
「いつもは家族に任せっきりだったのに、フロントに電話したり、
レストランでオーダーしたり、全部今回は私がやりました」との嬉しい報告もありました。
カウンセリングによって自信が出て、ポジティブな方向に進めたでのあれば本当に嬉しい事です。

講師として出来る事は、どんな時も日本人として堂々と対応出来る事が必要であると伝えて行く事だと思いました。
そこにはやはり基礎より少し上の英語力がある事が大きな自信になると経験上確信しています。

=============================================

それぞれの生徒様の嬉しい気持ちが伝わってきます!

生徒様の「英語をやっててよかった!」と思うポイントはそれぞれです。
その気持ち・体験の積み重ねで、英語学習を続け、
結果として、英語力がついていくものだと思います。

その体験・気持ちの共有を一緒にさせていただくのが
私たち日本人講師である、とビギンは思います。

担当の先生は・・・・溝の口,登戸,武蔵小杉エリア ひざわ先生

樋沢先生
小・中学生をイギリスで5年間過ごし、苦労して英語を学んだ経験から、
常に習う立場に立ち、生徒さんそれぞれのゴールやニーズに寄り添うレッスンを心がけています。
初心者の方でも安心してレッスンを受けて頂けるように、
基礎文法、発音トレーニング、ご自身に合ったテキストを選んだ上での
テキストワークでしっかりと土台作りをします。
また早い時点でフリートークへのチャレンジが出来るように、
様々な工夫を凝らしたレッスンを行っています。
英語を学ぶ事は「毎日少しずつ」がいかに大切かと私自身も実感しています。
忙しい方々の為にご自宅で少しずつ積み重ねられる学習方法なども具体的にアドバイスさせて頂いています。

指導エリア 東急田園都市線 二子新地~宮前平、南武線 JR武蔵小杉~登戸、東横線 武蔵小杉~多摩川エリア
講師経験 プライベート講師3年
指導可能クラス 日常英会話、旅行英会話、文法、発音等
資格など ケンブリッジ英検 FCE
インタービューを見る

初心者からでもご安心ください。まずはでご確認を。