マンツーマン英会話 | 松戸,柏,我孫子 | 日本人講師 よしえ先生

英会話講師 よしえ先生 よしえ先生
英会話力ほぼゼロに近いところから、大学卒業後にアメリカに4年間留学。その後イギリスに渡り7年間通訳として仕事に就き、イギリスで出産も2度経験いたしました。
人とのコミュニケーションを取る事が大好きで、10年間続けてきた英会話講師業は天職だと思っています。常に楽しく、印象に残るレッスンを心掛けています。
指導エリア JR常磐線 松戸~取手エリア
講師経験 マンツーマン英会話講師:1年、児童英会話講師:10年
資格等 TOEIC 930点、TOEFL 520点、英検準1級、ロンドン英国国際教育研究所の児童英語教授法セミナー修了書取得、IIEEC児童英語教師認定講座修了書取得J-Shine小学校英語指導者資格取得

講師をはじめたきっかけについてお聞かせ下さい

大学時代に塾講師や家庭教師のアルバイトをしていました。
人にものを教えることの楽しさや喜び、結果を出した時の達成感を経験しています。
講師の熱意と生徒さんのやる気の二人三脚でなら、夢が実現すると信じています。

帰国子女でもない私が英会話力を習得できたのも、どうしても話せるようになりたいという熱意からだと思います。

そして何よりも英語を話せることでいろいろな国の方々とコミュニケーションがとれる素晴らしさを多くの人に伝えていきたい、本気で英語を話せるようになりたい方々のお手伝いをしていきたいと強く思い、英会話講師になりました。

どんなレッスンをされていますか

海外生活を予定されている方用のレッスン

病院、銀行、学校、交流の場、買い物など、海外生活を予定されている方がどうしても避けられない場面での会話があります。
それに関してとことん練習していきます。ある程度の表現を身に着けたら、あとはロールプレイでどんどん練習していきます。
自信をもって話せるようになるまで練習していきます。

海外旅行を予定されている方用のレッスン

入国管理から日常で使われる会話表現を覚えていきます。そしていろいろな状況を想定し、ロールプレイで特訓していきます。

これまで教えた経験の中で一番印象に残った出来事を教えてください。

英会話を長年教えていた生徒さんがカナダに留学し、帰国した時に会いに来てくれました。
その時の会話は全て英語。
そして英語でコミュニケーションをとる喜びを教えてくれてありがとうと言ってもらえたこと。
この言葉は一生の宝です。

講師をしていてよかったなと思うことはなんですか?

レッスンが終わった時、「今日は英語話したな!」って思っていただけるように、できる限り生徒さんが発話量を増やしていくことができるように心がけています。
わからないまま持ち帰らず、理解できたという達成感をお持ち帰りしていただけるように努力しています。

レッスンで心がけていることはありますか?

英語が話せるようになった方々をみると心より嬉しく感じます。話せるようになったことにより視野が広がり、グローバル的な感覚を持てるようになった姿をみると私の中で、任務終了と感じます。そしてそのお手伝いができたことが何よりも私の喜びに繋がります。

ご自身はどうやって英語を身につけたのですか?

大学卒業後、アメリカに語学留学しました。

英語のテストはできても話せない典型的な日本人だった私は、言葉の通じない生活にかなり苦労しました。
渡米してから最初の数か月やっていたのは、よく日常に使われている表現をフラッシュカードに書いて暗記し、アメリカ人を捕まえては練習させてもらうことでした。
1か月に1000枚に達した記憶があります。

映画もたくさん観て、とにかく日本語を話さない英語漬けの生活に自分でもっていきました。

アメリカの大学では半端なく勉強しました。
大学でスピーチコミュニケーションのクラスを取った時に、外国人用の特別優遇クラスではなく、アメリカ人の学生が取るクラスを敢えてとりました。
朝から晩まで友達にアドバイスをもらいながら、手がけた5分間スピーチと7分間スピーチは、両方とも98点の最高点を取りAをいただきました。

英語を話すとき、大切なことは、発音や文章構成だとよく言われていますが、私は何よりも一番大切なことは”伝えたいという熱意”と”パフォーマンス能力”だと思います。

英会話上達のコツがあれば教えてください。

語学習得は本人次第だと思います。
どんなに素晴らしい講師がついても、本人のやる気と継続していく努力が伴わなければ、英会話力はなかなか上達しないと思います。
やる気さえあれば、どんな方でも必ず話せるようになります。

日本に住んで日本語メインの生活をしているとなかなか難しいですが、一日の中で短時間でも構わないので、英語だけを話す時間を作る事をお勧めします。

例えば料理しているとき、テレビを観ているとき、お風呂に入っているときなど、自分で思っていることを声に出して英語で話してみるんです。
独り言を英語で話してみるって感じですかね。
そうするとわからない単語や言い回しが出てきます。
直ぐに調べるようになります。
調べてもわからないところは講師に確認します。

その繰り返しが上達するためには不可欠だと思います。
そしてもっともっと話したいと思うようになるでしょう。
そのために努力も続けていくようになります。

これから英会話をはじめようと思っている生徒さんへ、一言お願いします

はじめよう、はじめたいと思った今がチャンスです。
先ずは目標を設定し、そこにたどり着くためのスケジュールをたて、あとは日々の努力です。
英語をペラペラ話している自分を想像してみてください。
夢は夢で終わらせず、実現してみませんか?
新しい自分発見にもつながります。
そのためのお手伝いをさせてください。
Stop worrying, start speaking!