マンツーマン英会話 | 練馬,池袋,新宿 | 日本人講師 ヨシコ先生

ヨシコ先生
7年間の化学会社輸出経験と、5年余りになる海外在住経験を生かし
わかりやすい楽しいレッスンを心がけております。
語学を通し、様々な国の文化や背景を学びつつ「生きた英語」を身に付けましょう!
指導エリア 西武池袋線池袋~ひばりが丘、西武新宿線 新宿~武蔵関エリア
講師経験 プライベート講師2年
指導可能クラス 日常英会話、旅行英会話、文法、英検等
資格など TOEIC900点、英検準1級、英語教員免許

講師をはじめたきっかけについてお聞かせ下さい

学生時代に英文科に在籍しており、親類に教員が多かった為、
自然と私も教職を選びました。

都内の私立付属校に実習に行き、中学3年生のクラスを2週間担当いたしましたが、
生徒達の中に家庭の事情で心身の状態を崩し、
どうしても通学できなくなった生徒がいました。
頭の良い、とりわけ英語が大好きな生徒だったそうですが、
数ヶ月休学状態が続いていたその彼女が、私の授業に出席してくれたのです! 
というのも級友達から
「今実習で来ている先生の授業、とっても面白いしわかりやすいよ!○○もおいでよ」
と 口々に誘われたとか。

実習中、最初は胡散臭そうにしていた生徒達も、授業が進むにつれて
目を輝かし集中して聴く様になり、この生徒も「早く私も身体を治して、
英語を上達させて色々な国に行ってみたい。先生も頑張って下さい!」と。
この時の鮮烈な経験が、「講師になりたい」という原点だったと思います。 

どんなレッスンをされていますか

レッスンの内容に関わらず、全てに共通しているのは
「正確な文法」をベースにした「生きた英語」のレッスンです。
我々東洋人にとって「英語」という言語は、身構えてしまったり、
「恥ずかしい!」という気持ちも起こりやすく、

自分を十分に表現できなくなってしまいがち。
そうした堅いカラを破る為にも、「誰にでもわかりすく親しみやすいレッスン。
でも上達に必要な、押さえるべき「文法」は「単なる紙面上の学問」ではなく、
「生きた英語」としてきっちり学ぶ」という様な、
様々なシーンで即戦力として使える実用的・実践的なレッスンをしています。

日本人講師ならではの、複雑な文法などわかりにくい部分へ
「かゆい所に手が届く」様なわかりやすいレッスンをしています。
また、数年に渡る海外在住経験を基に「実際に起こった出来事」を取り入れながら、
臨場感あふれるレッスンを提供出来るように心がけています。

更に英語だけではなく、英語を通してその背景にある様々な国の文化・風習
などにも触れていくようにしています。

<今迄担当したレッスン例>

1)対象:初心者・初級者・また家族の駐在が決まり帯同する予定の方

内容:日常英会話及び旅行英会話

最初の数ヶ月は中学レベルの基本文法を復習しながら、
その文法を使った簡単な日常会話や旅行先での会話を、反復練習。
例えば「ホテルの予約変更・キャンセル」「道の聞き方」「病気の表現」など、
自作のオリジナルテキストや会話テキストを使います。

慣れてきた所で、簡単な日記や各テーマに沿った2~3行の英作文も宿題として追加。
「書く」という作業にプラスして、次はスピーチ練習。
この英作文を次は、何も見ずにスピーチ、相手と会話出来るところまで
持って行くと言うように、バランスよく学ぶ様にしています。
駐在帯同の方には、現地で暮らしていくのに必要な更に実践的な英語にも触れていきます。

成果一例:上記の様な学習を約1年程続けられた後、
お子さんと一緒にイギリスへ短期のホームステイにチャレンジ!
2週間英語漬けの上イギリス人特有の発音に四苦八苦されたそうですが、
このレッスンで学んだ日常会話表現を思い出し、予測する事でなんとか理解出来た!
と仰ってました。

2)対象:初級者~中級者(TOEIC300~400位の方)

内容:TOEICスコアアップ(600点台が目標)
また簡単なメールのやり取りが出来るようになりたい。

全くの初心者ではないので、生きた英語を使った文法書(準中級の方~中級対象)で
毎回文法復習をしつつ、大事な表現を暗唱。
「口に出す」という作業は、リスニングの向上にもつながるからです。
一方で、TOEICは慣れとテクニックによって点数はある程度アップします。
毎回その場で簡単に実戦模試をやっていただき、
Part1-7の解き方のコツ・苦手パート・勉強の方法等のアドバイスをします。
自宅でも引き続き、模擬試験形式のものを解いていただきますが、
必ず所要時間と正解・不正解の現状をノ都度ートに記述してもらい、
自分の弱点と傾向を把握し、一緒に対策を練ります。
更にTOEICテキストブック上に出ている、様々なタイプの商談メールを引用しながら、
英文メールに慣れていただき、ご自身でも書ける様に学びます。

成果一例:技術系であった為、英語は受験英語で終わっていた方。
会社から最終的には720点を目指す様にと言われました。
TOEICスコアアップの鍵ともなる「タイムマネージメント」対策をした事が効いたのか、
600点までいった!というお話を伺ってます。

3)対象:初心者・初級者~準中級者

内容:もう1度しっかり英語を勉強しなおしたい・ドラマや映画を
少しでも聞き取れる様になりたい・好きな小説を原書でチャレンジしたい

1)同様、中学レベルの基礎的な文法をやり直します。
一方で生徒様の興味に合わせて、ドラマ・映画を一緒に見たりDVDをどの様に使う事が効果的か、
また内容について簡単な英語でディスカッションする事にもトライします。
小説の原書も、一人では難しく挫折しがちですが、
講師と一緒に読み進める事で、内容だけではなく時代背景やその舞台となった国についてなど、
色々な話題を英語を通して知る事が出来るでしょう。

成果一例:探偵モノが好きな方で、引き続きご自分のペースで
「アガサクリスティ」の原書を読んでいるそうです。

また授業で扱った探偵物語仕立てのリスニング教材も気に入り、
リスニングにもトライしています。

これまで教えた経験の中で一番印象に残った出来事を教えてください。

とてもよく出来るのに「自分は英語が出来ない」と
苦手意識の強い生徒様がいらっしゃいました。
英語を学ぼうと思ったきっかけは、「こういうネガティブな自分を変えたかった」
「大好きな洋楽のバンドメンバーに直接自分で手紙を書きたかった・
日本でのファンクラブに入っているが、
いつか彼らのいる国に行って実際に会って話したい!」という理由でした。

語学を教える以前に、まずはこの方との信頼関係を築き
ご自分が「本当はたくさんの素晴らしい美点を持っている」という事を気づかせてあげよう!
そういった英語以外の面からも沢山のサポートが必要でしたが、
とてもやりがいのある授業になりました。

その後、あれだけ「自分が出来ない!」とネガティブ意識でたくさんだった方が
TOEICを力試しで受けたいと言い出し、
650点を取得したという嬉しい話を聞きました!

その上今度は単身でバンドメンバーのいる北欧の国を訪れ、実際に彼らと会えたとのこと。
その頃には彼女の顔つきも随分明るく変わってきていました。
その方から講師とこのレッスンの出会いが自分を少し変えてくれたと聞き、
普段口数の多くない方だけに「本当に講師をしてきてよかった!」と心から思える瞬間でした。

レッスンで心がけていることはありますか?

月並みですが、第一に「わかりやすい事」そして同時に
「生徒様の持っている能力・やる気をうまく引き出してあげる事」です。
また生徒様が一体一番何を欲しているのかといったニーズを、
いちはやく察知することを心がけています。

講師をしていてよかったなと思うことはなんですか?

生徒様が目標を達成された時の満足そうな表情、
また学習を通して徐々に自信がついていく様をそばで見られる
これは何にもまして本当に「講師をしてよかった!」と思います。
英語を学ぶという事は単に英語が話せる様になるだけではなく、
その方の意識・性格・目線までも変えていく不思議な力があるようです。
生徒様が自信を持てるようになるお手伝いが出来る事は幸せです。

ご自身はどうやって英語を身につけたのですか?

英語はとは全く無縁の家庭で育った為、「純国産」(笑)が出来る
地道な方法で徐々に身につけていきました。

例えば身近でお金の余りかからない、ラジオ英会話・洋画・洋楽・・・・
私はカナダの女流作家モンゴメリの「赤毛のアン」が好きで、
少しずつですが学生時代には原書にもチャレンジしました。

決定的に変わったのが、社会人時代。
大手化学メーカーで輸出業務を担当した事がきっかけで、ほぼ連日英文と向き合い、
当時はメールもなかった為ファックスや国際電話で、
船積みや出荷状況などの確認を各国の現地スタッフとやりました。

海外出張のチャンスもあり英語の必要性を痛感した先に、
結婚した相手が2度に渡る海外赴任となり、英語を使う機会が多くなりました。
勿論この他にも色々な英語圏出身の先生から英語を習い英文チェックを受けたりと
外的な要因も多いのですが、
やはり基本は自宅でどれだけコツコツと学び続けられるかだと思います。
自宅では定期的に、CNNニュース・NHKニュースの二カ国後放送を聴いたり
定期的にTOEICを受け自分の力を客観的に見るようにしています。

英会話上達のコツがあれば教えてください。

英語は難しい学問ではなく、コミュニケーション上で役立つツールにすぎないという事。
つまり、余り難しく考えず「話したいという気持ちがあれば、誰でも出来るものなんだ。
それを楽しもう」という意識を、念頭においておいて下さい。

ただ大切な事は、残念ながら日本語と英語は発音のしくみが全く違い、使う筋肉も異なります。
英語をずっと話していると口の周りが痛くなる経験をした方もいるでしょう。
という事は、一種の「筋肉トレーニング」を日々行う事が必要となってきます。
更に残念な事に、この筋トレは自転車と違い長期間サボるとまたできなくなります。
簡単なようですが、この「日々続ける」という姿勢こそ上達の真髄だと思います。

これから英会話をはじめようと思っている生徒さんへ、一言お願いします

前にも書きましたが、英語は特別な学問ではありません。
世界中で話されている、最強の語学ツールです。
確かに英語を話せなくとも日本で暮らす事には問題はありません。
ですが、是非この最強のツールを使って外へ飛び出し、色々な世界を見て視野を広げてみましょう!

そういった意味では、英語は単なる外国語ではなくご自身の視野を広げ
豊かにする、素晴らしいきっかけにもなります。

見た目の華やかさとはうらはらに、地道な努力も必要ではありますが、
我々講師が勉強面だけではなく、メンタル面、環境面など様々な側面からサポートしつつ、
生徒の皆様が出来るだけ快適に勉強を続けられるように
お手伝いいたします。
一緒に頑張りましょう!

初心者からでもご安心ください。まずはでご確認を。