【上達事例】(看護婦)外国人患者と英語で意思疎通をしたい

英会話ビギンの加藤です。
今日は、ビギン生徒様の上達事例をご紹介いたします。

この生徒様、Sさんは40代女性、看護婦の方で
外国人の患者が多いので、
通訳なしで説明や話ができるようになりたい
と思い、
ビギンで英会話をはじめられました。

いままで大学の生涯学習の講座などにいったことがあったそうですが、
通いきれず挫折してしまったとのこと。
今回、ビギンにお申し込みくださり、

「家の近くのカフェでのレッスンは気軽でいいですね。
先生の何気ない褒め言葉を励みに頑張れそうです。」

というお言葉をいただきました。
お仕事をされている生徒様がほとんどですから
場所・時間を選べて通いやすい、という条件は続けるのに必須です。
また今回のS様のように、「病院での会話」という
個別のシチュエーションに対応するためには
マンツーマンであることも欠かせないと思います。
個別のシチュエーションに対して
先生に直接フィードバックがもらえるのは
グループレッスンにはない最大のメリットですね。

病院で患者さんと話す際に使う英語、ということですが
どんな場面でも基本はベーシックな英語です。
担当の舞子先生は、オリジナルのメソッドを用いて
英語の時制「現在・過去・未来」をきっちりと使えるようになる
レッスンを提供してくれます。

レッスン開始から3ヶ月、Sさんからこのようなメールをいただきました。

いままで長続きしなかったので、継続できるかな?と思っていましたが、
日程もフレキシブルに対応していただいて、あっという間に3ヶ月経ちました。

ちょうどレッスン開始と同じ頃に海外の人とハガキの交換をする
post crossingというのをはじめました。
オランダ、ロシア、中国、ドイツ、フィンランドなど
いろんな国の人とやり取りをするうちに、やっぱり英語って大事だなと感じています。

他の国の人たちの英語も参考に刺激をうけながら、日々英語に接している毎日です。
以前よりは英語への苦手感が若干やわらいだ気がしています。」

レッスンと同時に、海外の方とのpost crossingをはじめたとのこと。
ポスクロ、というプロジェクトがあるのですね。
皆さんご存知でしたでしょうか?

=========================================

(ポスクロとは?
http://www.hisokapost.net/postcrossing/ より引用

インターネットを利用して世界中の会員と絵ハガキを交換しようというプロジェクト。
絵はがきのやり取りを通じて、安価に世界とつながることが出来る。
普通に暮らしている限り、外国人と知り合ったり、郵便受けにエアメールが入っている、
ということは滅多にあることでは有りません。
ところが、ポスクロを利用することで、世界各国の風物を写した絵はがき、
現地に住んでいる会員からのメッセージを、今までとは段違いの頻度で受け取ることが出来るのです。
しかも、どこの国の誰から届くかは、配達されるまで分からなくなっていることが、
一層ポスクロをエキサイティングなものにしています。)

=========================================

お仕事以外にもこのように、海外の方とリアルにつながる場所を
自ら作ってモチベーションを高めていらっしゃるのがすばらしいですね。
国内にいるだけではやはりどうしても徐々に気持ちは下がっていってしまいます。
レッスンを受けながら、リアルに外国人と交流されている生徒様は
大変高いモチベーションを維持されていると感じます。

さらに、S様から、ビギンの講師に対してこのようなフィードバックをいただきました。

「私が一番いいなと思ったのは、先生たちが教えることのプロ、ということです。
留学生から教えてもらったことがありますが、彼らは教えることのプロではないので、
理解できるまでお互いにストレスがあり、継続できませんでした。(英語ではありませんでしたが)
ほかのスクールだと多くの生徒の一人に埋もれてしまうような感じがありますが、
こちらは一人一人に丁寧にフォローして下さるところに魅力を感じました。
口コミでも評判が良く、生徒さんも楽しそう、そして気軽に継続できそうと
感じたのが大きいです。料金もですが、精神的に負担に感じると続きませんし。
カフェでのレッスンも最初恥ずかしいかな、と思ってましたが、
案外他の人の話も聞こえないし、他の人に見られている感もありません。
遠くまで通う、ということもないので通学の負担感もなくていいです。」

口コミをご覧になってビギンに入会をいただいたとのこと、
ありがとうございます。
病院での会話やポスクロを通して
これからも英語と向き合っていってくださいね!

英会話ビギン 加藤いづみ

担当の先生は、JR高崎線 宮原~浦和 舞子先生

舞子先生
イギリス人夫とバイリンガルの息子を持つ英会話講師です。
幼い頃から英語を学び3度のアメリカ留学体験後、外資系金融会社で働き、渡英しました。
ロンドンには8年在住し、英会話講師・現地小学校教員・翻訳の仕事をしていました。
同じくイギリス人の夫と組んで独自のテキストを作成しレッスンを行っています。
独自のテキストは自らの海外生活や外資系会社の仕事の経験から生まれたものです。
英語だけでなく、その国の文化を学ぶ楽しさ・役立つ勉強法などもお伝えいたします。
指導エリア JR高崎線 宮原~浦和
講師経験 プライベート英会話講師・イギリス小学校教師:3年
指導可能クラス 日常英会話、旅行英会話、ビジネス英会話、文法、TOEIC 等
資格 等 TOEIC:860点
インタービューを見る