million,billion,trillion…大きな数字の覚え方・数え方

日本語の数字→英語の数字

数字を言いたいとき、スムーズに言えますか?

日本語だと、一十百千万億兆……の単位が付いています。
私たち日本人はすっかりこの言い方に慣れてしまっています。
ところが、英語はカンマ(,)のところで単位が付いています。
なので、いざ英語で数字を言いたいときに、とても戸惑ってしまうのです。

実際に数字を当ててみましょう。

1,000(千) one thousand

1,000,000(百万) one million

そう!あのミリオネア(millionaire)「百万長者」のmillionです。

1,000,000,000(十億) one billion

1,000,000,000,000(一兆) one trillion

ここまで大きな数字は個人で使う人はあまりいませんが、
経済を話すときやビジネスでは使うこともあるのではないでしょうか。

百万のmillionまでは大丈夫だと思います。
そのあとのbillion(十億)のbiは、bicycle(自転車)やbilingual(バイリンガル)のように「2つ」という意味を表します。

そして、trillion(一兆)のtriは、tricycle(三輪車)やtriangle(トライアングル・三角形)のように「3つ」という意味があります。

2の次が3です。
これで順番は大丈夫ですね。

英語の数字→日本語の数字

次に、やっかいなのが、英語で言われた数字を日本語にするときです。
これはなかなか困難です。
何故かというと、英語はカンマのところで単位を言うのに対して、日本語はそれを無視しているかのような言い方をするからです。

でも、大丈夫です。ここにもルールがあります。

million→billion→trillionとすすむにつれて、日本語では「百万」「十億」「一兆」で「百」→「十」→「一」と一桁ずつ数字が下がっていきます。

とは言っても、耳から入ってきた英語の数字を即座に日本語にすることは大変ですね。
その逆に日本語の数字を英語にするのも難しいです。
どちらかというと後者の方が大変かもしれません。
なぜなら、英語はカンマごとに単位が入るので、
数字で表記するときはわかりやすいかもしれません。

リスニングの時は、各単位が聞こえてきたら、

million→カンマが2個
billion→カンマが3個
trillion→カンマが4個

これだけを覚えておいて、数字で書いてみると良いでしょう。

あとは……慣れでしょうか……。
日本語でも15兆などという数字を聞いてもなんだかぴんと来ませんね。

人気記事ランキング

最新のコラム

初心者から日本人講師と始めるマンツーマン英会話レッスン
英会話が苦手な初心者の方向けのメルマガ書いてます♪
英会話コラムのメールマガジン登録はこちら とにかく「英語は苦手!でも英会話にチャレンジしてみたい」という初心者の方に知っておいてほしい厳選情報を3日毎に配信しております。
※ サンプルのメール文章はこちら
※ 不要な場合はワンクリックで解除できます