英語学習、特に音読は「ボケ防止」にも効果あり。

初心者から始めるマンツーマン英会話レッスン

英語に限らず、どんなことにも言えることですが、何かを教えるということは学ぶということです。
特に、「言葉」に関しては使わなければ忘れてしまうのです。

 

若い頃はあまり「物忘れ」などということとは縁がありませんでしたが、
最近はこの「物忘れ」が気になって仕方ありません。
人の名前など、よく忘れてしまうことの一つです。
芸能人の名前も、よく出てこなくなってしまい、
家族の中でも「ほら、あの人、あの番組に出ていた、あの人」という会話がしょっちゅうです。

 

台所に何かを取りに行って、何を取りに来たのか分からなくなる、などということもよくあります。
「私、ぼけちゃったかな……」と苦笑いします。
若い人はあまりこのようなことは無いのでしょうね……。

 

そこで、私自身の脳みそがこれ以上退化しないうちに、何か対策をしなければならないと感じました。
3カ月ほどまえから英語の音読を始めました。
今までも英文を読むことは頻繁にありました。
でも、自分のためにあえて声に出して読むことはしませんでした。

 

外国語の音読は、脳の働きを活発化するそうです。
声に出すことが良いのです。
黙読ではダメです。
統計上でも、1カ国語だけでなく、2カ国語以上を話す人の方がぼけにくいそうです。

 

私が最近読んだ教材をご紹介します。

 

「英語で読む池上彰の経済のニュースが面白いほどわかる本」

あの池上彰さんが解説したものを英文翻訳したもので、わかりにくい経済のことを理解することができます。
中級以上の学習者向けだと思いますが、
ビジネス英語を使う機会のあるかたは一読の価値があります。

「景気が悪いとはどういうことか」
「デフレはなぜ困るのか」
「失業率」「金融の仕組み」「金利」
「お金とは何だろう?」「年金制度は本当に維持できるのか」
「円高・円安について」など、経済に関わる色々なことについて書かれています。

重要単語・慣用句には、英文の下に日本語の注釈がついています。
文章全体の和訳もあって、経済のことを理解しながら英語も学習できます。