speak, talk, tell, say の違い

目次

日本語だと、どれも ’話す’で事足りてしまうのに、

英語だと

speak, talk, tell, say

の4種類も動詞があるのですね。

ここで、4種類の動詞の使い分けをおさらいしてみましょう。

【speak】演説をする、しゃべる、の意味
特に話し相手がいなくても使う。talk よりかたい感じ

【talk】 話し相手がいて、’話す’というときに使う。
’相手がいる’という点がポイントなので、相談する、
という意味にもなる。speak ほどかたくない。

【tell】 誰かに、情報を伝える、という意味合いが強い。
伝える相手が直接目的語となる。

【say】 ある情報を’言う’、という感じ。
tell と似ているが違いは、実際に話されるコトバそのものに焦点があたる。
だから、言う内容そのものが目的語となる。

さ~て、それでは、上のことを踏まえた上で、
下の例文が日本語の意味になるには
上の4つの動詞のどれを入れたらいいでしょう?

■ Can we ( )?
(相談があるんだけど)話しても、いい?

■ Mary ( ) goodbye to me.
メアリーは私にさよなら、と言った。

■ ( ) us about your holiday.Did you have a nice time?
あなたの休みについて教えて。楽しかった?

■ The Prime Minister ( ) on TV.
首相がテレビで演説した

答え ↓

順番に

talk, said, Tell, spoke

でした。

初心者から始めるマンツーマン英会話レッスン
英会話が苦手な初心者の方向けのメルマガ書いてます♪
英会話コラムのメールマガジン登録はこちら とにかく「英語は苦手!でも英会話にチャレンジしてみたい」という初心者の方に知っておいてほしい厳選情報を3日毎に配信しております。
※ サンプルのメール文章はこちら
※ 不要な場合はワンクリックで解除できます

関連記事

最新のコラム