歯が抜けたときのアメリカの風習

子供の頃、誰もが経験する乳歯から永久歯への生え替わり。
小さな子たちがニーっと笑うと前歯が抜けていてすき間が空いているのを見ると、
かわいくてつい笑ってしまいます。

ところで、あなたは歯が抜けたとき、その抜けた歯をどうしましたか?
私の場合は、下の歯が抜けたときは、屋根の上めがけて放り投げ、
上の歯が抜けたときは、床下や縁の下に投げました。
そうすると、後から生えてくる永久歯が丈夫になると言われて育ちました。

地方によっては、そのやり方は違うかもしれませんが……。

アメリカでは、どうも違う風習があるようです。
その抜けた歯を、夜寝るときに、自分の枕の下に入れておくのです。
すると、眠っている間に妖精がこっそりとその歯を取りに来て、
そのお礼として「コイン」や「プレゼント」を置いていってくれる、というのです。
知り合いのアメリカ人は、このコインは1クオーター(25セント)と言っていました。

メキシコやスペインでは、アメリカと同様に枕の下に入れますが、
交換してくれるのは妖精ではなくてネズミとのことです。
国によっては、記念に取っておいたり、ペンダントやキーホルダーにしたりと、
さまざまなようです。

「歯の妖精」は英語でtooth fairyといいます。
ところで、tooth fairyは、子供の歯を枕の下からどこへ、
何のために持って行くのでしょうか。

実際は、両親がどこかに隠し持っているか、庭などに捨ててしまうのか……。
本当はどうするのでしょうか。
などと夢のないことを考えてしまうのはよくありませんねぇ。

「おとぎ話」はfairy taleといいます。
妖精が乳歯をコインやプレゼントに交換してくれる、という話は
このfairy taleとして絵本にもなっています。
是非、アマゾンで検索してみてくださいね!

そういえば、子供の頃の友達に、
妖精のための家をお菓子の箱の中に作っていた子がいました。
彼女は、そこに妖精が住んでいるんだと言っていました。
「妖精」は、あなたのすぐそばにもいるかもしれませんよ!

子供には、たくさんの夢や希望を与えてあげたいものですね!

人気の英会話コラムをメールマガジンで購読できます

たくさんある英会話コラムの中から選りすぐりの人気コラムをメールマガジンで毎日1つずつ配信します! ※ 不要な場合はワンクリックで解除できます