直子先生

英会話講師直子先生 直子先生
<プロフィール>

10代を5年間ロンドンで過ごし、当時のイギリスのPop Musicに大きく影響を受けて帰国後エレクトリックベースを演奏する道に進む。
90年代に2度のバンドメジャーデビューを経て2000年以降フリーランスベーシストとして様々なアーティストのツアー、ライブサポート、レコーディングに参加する。
同時に2000年より自身のベーススクールを開講、トレーナーとして後進の指導にあたる。また教則DVDも多数リリース。

演奏に加え、語学力を生かして英語を歌うシンガーの発音指導、作詞ディレクション、ミュージシャンのための基礎英語のトレーニングも行う。
2010年より2年に一度、English&Music共にアップデートの目的でロンドンへ里帰りをしている。

<生徒様へのメッセージ>

私のレッスンは「音楽サイドから英語を眺める」事にフォーカスしています。
洋楽カバーなどを歌う際に多くの方が「自分の発音は大丈夫?」「ネイティブに通じる?」と不安になるかも知れません。確かにポップスもロックもソウルもR&Bもルーツは英語ベースの音楽で、日本語には無いリズム表現やリエゾン(音の連結)に満ちています。

その不安や疑問は音楽を最大限に表現したいからこそ生まれたもの。
この機会に英語としっかり向き合う事はすなわち音楽力を上げる事に繋がると私は信じています。
実際に音楽現場で、シンガーその他パフォーマーが英語を学習する事で楽曲をより深く理解する事ができて、メロディやリズムに1スパイスが加わり、より胸を張って自分らしい表現ができる、という事例を沢山目にしました。

ネイティブのような発音で無くても大丈夫!
崩しすぎず丁寧に発音をする事でぐっと気持ちの入った伝わる英語になります。
レッスンを通して音楽力も英語力もアップするお手伝いが出来ればこれほどに嬉しい事はありません。

指導エリア オンライン
講師経験 マンツーマン英会話講師15年、発音、作詞ディレクション10年
資格等 ESOLレベルB2、Cambridge FCE