【インターママ英会話】3歳の子供のインターナショナルスクール。小学校入学英語面接のための英会話

インターママの英会話

初心者専門マンツーマン英会話スクール 英会話ビギンです。
東京・神奈川・千葉・埼玉で300駅以上に対応した、プロ日本人講師のマンツーマン英会話レッスンをご提供しています。

このページでは、【インターママ英会話】レッスンを受けている、英会話ビギン生徒様の上達事例をご紹介いたします。

3歳の子供のインターナショナルスクール通園。先生との会話、PTAや親の連絡の英語対応に困っている!

今回ご紹介するのは3歳と1歳のお子様を持つ、30代女性のHさんです。
Hさんは、3歳のお子様がインターナショナルスクールに通っており、1歳半の下のお子様もインターに入れる予定です。

スクールでの親御さん同士、先生との会話がきちんと受け答えできるようになりたい。
PTAのお便りも全て英語のため、解読に時間がかかるため、スラスラと理解したい。
3歳の子供の小学校もインターを予定しており、親の面接もあるためいずればその準備もしたい。

というご希望です。
インターナショナルスクールでは、PTAのライン連絡も全て英語のため、困っているとのこと。
また、小学校の面接は今から1年6ヶ月後くらいなので、それを見据えて、基礎的な英語力をアップしたい、とのことでした。

現在の英語力はゼロではありませんが、文法に強いこだわりがあり、綺麗な、正しい、丁寧な英語を話したいと思うあまり、英語がまったく出てこない状態です。
インターにすでに通われていて、実践の機会も多いので、リスニングはところどころ聞けていますが、ボキャブラリー不足のために内容をしっかり理解できない、というレベルです。

インターでのシチュエーション練習を盛り込んだレッスンプラン

担当のかおる先生)からは、まず、ボキャブラリーのインプットが最重要であることをお話させていただきました。
また環境や生活(子供に関する事)に密着したシチュエーション設定をし、実際の生活に役立てるような内容をご提案。
Hさんのレッスンプラン(1回2時間)は以下です。

(1)フリートーク→(目的)自分の身近にあることを話してみることで、英語を話したい気持ちがわき、英語を”話そう”とする。
(2)宿題チェックまたは前回の復習→(目的)前回行った表現の定着、応用
(3)基礎英語(導入・応用・会話練習)→(目的)基礎文法を確認した後、インターナショナルスクールで使う場面を設定し会話練習に応用してみる。
(4)よく使うフレーズ(導入・応用・エクササイズ)→(目的)一つ一つの単語として覚えるのではなくフレーズで頭に入れることによって英語脳により近づける。
(5)リーディング→(目的)簡単な文章を読むことで単語・フレーズを増やすことができる。
(6)ディクテーション→(目的)英語を聞き取れるようになる。

ハワイへ親子留学の後、海外移住が決定

Hさんは、1年間の英会話レッスン受講後、ハワイへ親子留学をし、さらに、ご主人がハワイへ移住をなさることをきっかけに、英会話ビギンは退会されました。
しかし、1年間で、英語の総合力と積極性がグンとアップしています。

レッスンをはじめたばかりの頃は、もともと持っている知識を応用して使えないと悩んでいらっしゃいましたが、今ではレッスン中にすぐに英語が出でくるようになり、英語での会話にとても積極的です。

挨拶や「何を飲みたいですか?」など、英語での会話ができるようになりました。
話せるようになりたいという意欲をひしひしと感じます。

ハワイへ移住されることが決まったHさん。二人のお子様を連れての海外生活は大変なことも多いかもしれませんが、持ち前の明るさで乗り切っていかれることと思います。日本より応援しております!

インターママの英会話

新宿・渋谷エリアでマンツーマン英会話を教えているかおる先生

英語や音楽を学びたいという気持ちからニューヨークに3年間留学をしました。
講師として一人一人の生徒さんを見つめ、それぞれに合ったレッスンを展開していく事をモットーにしています。
スタートは皆さん一緒です。目標や夢に向かって一緒に学んでいきましょう!

もっと知りたい!