クリスマスはなぜXmasと書くの?

英会話初心者のためのマンツーマンレッスン専門の英会話教室ビギン

クリスマスはなぜXmasと書くのでしょうか?クイズにトライしてみましょう。

■三択クイズ

(1) クリスマスのクリスが“クロス”と発音が似ているので、二つの線がクロスしている(交わっている)Xをクリスのところに持ってきた。
(2)キリストのギリシャ語、クリストスからきている
(3)磔刑によって亡くなったイエスが亡くなった十字架の形にXが似ているから。

■答え:(2)

そう、ギリシャ語からきているのです。
元来、クリスマス、とはキリストのミサ、すなわち礼拝という意味で、キリストをギリシャ語でいうとクリストス = Xristosとなり、頭文字のXをとった、ということなのです。
初期の聖書がほとんどギリシャ語で書かれていたことを考えると意外と歴史的背景がある、ということになります。

クリスマスカードにMerry Christmas! とは書かない!?

クリスマスカードに書かれている挨拶の言葉と言えば、Merry Christmas!
これは誰でも知っていますよね。
でも、日本人は忘れてしまいがちですが、これはキリスト教に基づいた挨拶。
アメリカでは、他宗教の人々に配慮してメリークリスマスという挨拶を公の場では避けたりすることもあるのです。
もともと、アメリカは異文化、異なる宗教に対して寛容な国なのですね。
クリスマスカードの売り場でも宗教的ニュアンスが無いある二つのフレーズが書かれているカードが多くなっています。

■クイズ:その二つのフレーズとはなんでしょうか?

■ヒント:“季節”という言葉と“休暇”という言葉が入っています。

■答え: Season’s Greetings とHappy holidays

意外とシンプルでダイレクトな表現ですね。
信仰を強く意識することが少ない日本人にとっては、想定外な配慮、ということになるのではないでしょうか?。

クリスマスの飾り付けはいつまで?

欧米では、新年の仕事始めは日本より早いですが、クリスマスのホリデー気分は1月の第一週まで続くのが一般的です。
そこで、クイズです。 
休暇気分に一区切りが着く1月7日前後に欧米で一斉に発生するゴミがあります。それはなんでしょう? 三択です。

(1)クリスマスで飾ったもみの木が各家庭で一斉に捨てられる。
(2)クリスマスでもらったプレゼントを入れた箱を一斉にこの日に捨てる。
(3)ゴミの収集の開始が1月第二週からなので、生ゴミをはじめとする一般ごみが大量に出される。

■答え: モミの木が大量に捨てられる

です。

欧米ではクリスマスツリーは生の本物のモミの木を使うのが一般的なのです。
なので、11月になるとモミの木市があちらこちらで開かれ、皆、こぞって押しかけて車の上に大きなモミの木を括り付けて帰ってくる、というのがこの時期の風物詩となっています。
そして、クリスマスの飾りつけをし、ホリデー気分が終わる1月第二週初めに一斉に処分される、というわけなのですね。

んー、確かにプラスチックのツリーより風情がある気もしますが、毎年ほとんどすべての家庭で大きなモミの木が捨てられるかと思うとなんかもったいないような、環境にも悪いような気がしないでもありませんね。
いずれにしても広々とした欧米の家では見栄えがするのでしょう。

コラムニストの紹介

ユキコ先生
ユキコ先生
略歴

8年間の米国滞在と米国大学院での学習経験、15年にわたる英会話講師経験を通じて、日本人が英会話を苦手とする原因・パターンを熟知しています。 どのようにしたらその壁を乗り越えて英会話を上達させていくことができるのか その秘訣をお伝えして参ります。

ビギン登録
日本人講師として登録済み
指導エリア
東急田園都市線 青葉台~渋谷
講師経験
英会話スクール講師 計15年以上、プライベート英会話講師 5年以上
指導可能クラス
日常英会話、TOEIC、文法、旅行英会話 等
資格など
TOEIC:960、国連英語検定:A級、英検:準1級

人気の英会話コラムをメールマガジンで購読できます

たくさんある英会話コラムの中から選りすぐりの人気コラムをメールマガジンで毎日1つずつ配信します! ※ 不要な場合はワンクリックで解除できます